歯磨き剤の清掃力はタイプや形状によって違う!

歯磨き剤は本来、歯磨きの清掃効果を高めるためのものです。歯磨き剤の汚れを落とす力は、清掃剤として配合されている研磨剤で決まります。研磨効果は強ければいい、弱ければいいというものではありません。自分のお口の状況を知って、目的に合ったものを選ぶことがポイントとなります。

あなたの歯磨き剤はどのタイプ?

 昨今、歯磨き剤を選ぶのがとても難しくなっています。同じブランドでも種類がたくさんあり、手にとってラベルを読み比べないと違いがわからないこともあります。
 まずは、細かい成分に目を向ける前に、歯磨き剤のタイプを見てみましょう。歯磨き剤には大きく分けて、2大疾患別に「虫歯予防」と「歯周病予防」、汚れの種類別に「プラーク除去」や「着色除去」、「ヤニ取り用」、その他ケアの対象別に「歯茎(歯肉)」や「歯根面」、さらには目的別として「ホワイトニング」や「美白」、「知覚過敏」などのタイプがあります。
 商品のパッケージや、特徴を示す言葉から、主に何を得意とするタイプの商品なのかを参考にするとよいでしょう。

タイプごとに異なる研磨効果

 どのタイプの歯磨き剤も、多くの製品に歯の表面の汚れをかきとるための清掃剤(研磨剤)が配合されています。しかし、かきとる効果は製品を見ただけではわからず、しかも、きわめてマイルドなものから強いものまで大きな開きがあります。といっても、研磨剤の研磨効果の強さはもちろん上限が定められています。
 歯の研磨性を評価する専門的数値であるRDA値(象牙質研磨力)をもとに、市販の歯磨き剤を並べてみると、ある程度の傾向があることがわかります。
 ヤニ取りや美白、ホワイトニング目的の歯磨き剤は研磨効果が強く、次いで、プラーク除去に虫歯予防。歯周病予防や歯茎、歯根面などデリケートな部分をターゲットにした製品は、研磨効果がマイルドになる傾向があります。
 また、子ども用の歯磨き剤は、同じブランドでも大人向け歯磨き剤よりも研磨効果を抑えた設計になっています。これは、乳歯や生えて間もない永久歯はまだエナメル質が成熟しておらず、大人の歯よりやわらかいためです。ですから、永久歯が生え始めたばかりのお子さんに大人用の歯磨き剤を使わせるのはおすすめできません。「子どもなのに大人用が使えて偉いね」ではなく、子どもには子ども用を使ってもらいたい理由があるのです。
 ちなみに、歯科取扱の歯磨き剤はもともと研磨性が低く抑えられていますので、それほど心配する必要はないでしょう。

一目瞭然、形状の違い

 次は、歯磨き剤の形状を見てみましょう。歯磨き剤にはチューブに入った白いものが圧倒的に多いのですが、これは研磨剤を練り込んだ「ペースト型」といわれるものです。日本歯磨工業会によると、ペースト型に配合されている研磨剤は、基本成分の10~60%で、研磨効果は製品によって幅があります。
 一方、流動性のある低粘性の「液状型」(やや粘度の高いものは「ジェル型」)には、10~30%の研磨剤が含まれ、多くはペースト型よりマイルドな研磨効果となっています。液状型には、最近では研磨剤無配合のものも増えています。
 また、液体の洗口剤のような「リンス型」もあります。すすいだ後ブラッシングをするように記載されているものは「液体ハミガキ」とか「液体歯磨」と表記されていて、研磨剤は一切含まれていません。その他、幼児や高齢者を対象にした、分散しやすい泡状の「フォーム型」にも、研磨剤は無配合です。
 このような形状の違いは「剤型」と呼ばれていて、歯ブラシ、歯間ブラシなどとうまく組み合わせて使いこなすと、虫歯や歯周病など、ご自分が目的とするリスクに対処しやすくなります。とくにジェル型やリンス型は、清掃効果よりも薬用成分を効かせることを目的にしているため、単独使用のほか、ペースト型との併用もオススメです。

歯磨き剤をうまく選ぶには、まずはご自分のお口のなかの状況を理解することが大切です。もし、お口の状況がよくわからない方は、歯科の受診で教えてもらいましょう。また、歯磨き剤選びに迷ったら、歯科医院で歯ブラシと一緒に歯磨き剤を処方してもらいましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. みんなから嫌われる抜歯は治らない病巣を除去する最終手段

  2. 歯を失ってしまったら!?-インプラント篇

  3. 歯を1本失うと歯全体が狂う

  4. インフルエンザで歯や歯茎が痛くなる⁉

  5. タバコの害と歯科治療

  6. 食べない時間に歯は修復される?