歯の着色、どうやって起こって、どうやって落とす?

白くてきれいな歯はとても魅力的ですね。でも、歯を毎日磨いているのに着色してしまうのはなぜでしょう?

歯の着色の原因は何?

 着色のメカニズムは、歯の表面のカルシウムにペリクルと呼ばれる唾液タンパク質が付着して、その上に着色性の色素、タンパク、金属イオンなどが重なって少しずつ色が濃くなっていくといわれています。イオウが仲立ちをしていることもわかってきました。
 では、歯の着色を招くものにはどんなものがあるのでしょうか?まず思いつくのが食品ですね。とくにポリフェノールをたくさん含んだ食品は、もっとも着色の原因になるとされています。
 最近では、健康志向の高いかたも多く、抗酸化作用の高いポリフェノールを積極的に摂る傾向があります。お茶のカテキン、赤ワインのタンニン、コーヒーのクロロゲン酸、チョコレートのカカオマスポリフェノール、ブリーベリーのアントシアニンなどが有名です。
 炭酸飲料や酢、レモンなど、酸性のものや柑橘系のものをいっしょに摂ると、着色しやすくなるともいわれます。黒酢を飲む人が着色しやすいのはその例ですね。
 食品以外では、ヤニの原因となるタバコのタールはもちろん、一部の医薬品、洗口剤、うがい薬なども着色の原因になることがあります。

歯磨き剤の着色対策成分は?

 皆さんは、着色を落とすとしたら、どうやって落としますか?ほとんどの人は歯ブラシで擦るのではないでしょうか。もちろん歯磨き剤をつければ清掃剤(研磨剤)の効果で着色を落としやすくなります。でも、あまり毛の硬い歯ブラシや研磨性の強い歯磨き剤で頻繁にゴシゴシやるのはお勧めできません。硬い歯の表面も傷ついたり擦り減ったりするからです。
 歯みがき剤のなかには、着色汚れを落としやすくなる成分が含まれているものがあります。代表的な成分では「ポリエチレングリコール(PEG)」、別名「マクロゴール」と呼ばれるものです。似たようなものに「ポリビニルピロリドン(PVP)」もあります。これらは浸透力が高いので、汚れの隙間に入り込んで浮き上がらせる効果があるのです。
 また、歯のカルシウムとの結合力の強い「ピロリン酸ナトリウム」や「ポリリン酸ナトリウム」は、着色物質を跳ね除けてくれるのでゴシゴシ磨かなくても着色が落ちやすくなります。
 同じような食品を摂っていても、着色しやすい人としにくい人がいます。その差は、じつは歯の表面の状態や、お口のなかの環境が影響します。

着色しにくい歯をつくりましょう!

 まず、本来の歯の表面が滑らかでないと着色しやすくなります。その意味では、大人より子どもの乳歯や生えてきたばかりの永久歯のほうが着色しやすいといえるでしょう。
 ただし、大人も歯茎が下がって歯根のザラザラした象牙質が露出すると、その部分が先に着色してきます。また、唾液が少ない人は、汚れを自然と洗い流す効果が働きにくくなるため着色しやすくなります。口呼吸やお口の癖で、いつも唇が閉じていない人の前歯が着色してしまうのは、唾液に触れず、歯の表面が乾いてしまうからです。
 そのほか、歯並びに問題があったり、毎日の歯磨きが不十分だったりすると、やはり歯の表面が滑らかでなくなるので着色しやすくなっていきます。歯磨き剤を上手く選ぶとともに、食品以外にもいろいろある着色の原因を探ってみることが大切です。
 ご自身のケアで上手くいかない、着色の原因がわからないというかたは、自己流で対処する前に歯科医院に相談してみるとよいでしょう。

歯磨き剤を上手く選ぶには、まずはご自分のお口のなかの状況を理解することが大切です。もし、お口の状況がよくわからないかたは、受診して教えてもらいましょう。また、歯磨き剤選びに迷ったら、歯科医院で歯ブラシと一緒に歯磨き剤を処方してもらいましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 食べない時間に歯は修復される?

  2. 疲れたとき、歯が浮くのはなぜ?

  3. 歯を失ってしまったら!?-インプラント篇

  4. 力のコントロールで歯とあごを大切にしましょう!

  5. 感染症の予防法はうがいと手洗いだけじゃない!

  6. 歯の隙間ってこんなに狭いんだからプラークも溜まらないよね?