感染症の予防法はうがいと手洗いだけじゃない!

皆さんは「常在菌(じょうざいきん)」という言葉を聞いたことがありますか?意外に知られていないのではないでしょうか?

私たちのからだには常在菌と呼ばれるたくさんの細菌やカビ、そして少数のウイルスなどが住み着いています。口の中にも多種多様な常在菌がいて、ときには驚くような悪さをするので注意が必要です。

常在菌は、口の中、鼻や腸、皮膚などにたくさん住み着いています。お母さんの産道を通って生まれてくるときに早くも住み着きはじめるといいますから、私たちと常在菌の付き合いは、誕生とほぼ同時にはじまっているといってもよいでしょう。その後も家族や周りの人から様々な種類をもらい続け、たとえば口の中の常在菌の種類だけでも500~700種類にもなります。

それでは口の中には、いったいどれくらいの数の常在菌が隠れているのでしょう。じつはこれは、人によって千差万別です。きれいに歯を磨いている人と、磨いていない人では大きな違いがあるからです。

歯磨きをさぼると歯にベタベタしたプラーク(歯垢)が付きます。これは常在菌のかたまりで、1グラムのプラークの中には、なんと約100億~1000億個もの常在菌がいます。楊枝の先でちょこっと取った程度、つまり1mgのプラークでもなんと1000万個以上入っている計算になります。いずれにしても、びっくりする数字です。

そして、プラークに含まれる常在菌の数は、糞便に含まれている常在菌の数とほぼ同じなのです。糞便にも1グラムにつき約1000億個の常在菌が含まれています。こんなことを聞くとゲェッと思われるかもしれませんが、私たちが常日常、いかに多種多様で莫大な数の細菌やカビ、常在ウイルスたちとともに暮らしているのかが、これでお分かりいただけたのではないでしょうか。

常在菌のなかには善玉菌も悪玉菌もいて、普段はそれぞれがお互いの勢力を牽制しあって、人間の免疫力との均衡を保っています。ただ、そのバランスが失われたとき、悪玉菌が肺炎、心内膜炎、帯状疱疹、院内感染など、重篤な感染症を引き起こすことがあるのです。

でも、悪玉菌だけを殺菌する方法は存在しませんし、根こそぎ殺菌すれば、乳酸菌などの大切な善玉菌までいなくなってしまいます。私たち人間と普段は平和に共存してくれている常在菌たちとは、むしろ歯ブラシでプラークコントロールを行いながら、上手に付き合って共生していくことが、私たちの健康にとって最善の道でしょう。

そこで、口の外から入ってくる風邪やインフルエンザのウイルスをうがいや手洗いで予防するだけでなく、口の中にすでにいる常在菌についても正しい知識を持って、丁寧な歯磨きで感染症を予防していきましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯磨きで健康ライフを!

  2. 様々な疾患と歯科治療の関係

  3. 奥歯を失ったままだと太りやすい?

  4. 知っておきたい「歯にガタがくる年齢」

  5. 細菌だらけのなかに立つ、新陳代謝のない組織

  6. 口で呼吸する習慣