歯の隙間ってこんなに狭いんだからプラークも溜まらないよね?

歯医者さんでデンタルフロスを勧められたけど、歯の隙間が狭くて、フロスが入りづらい・・・・・・。こんなに狭いんだから、プラーク(細菌のかたまり)も溜まらないんじゃないの?と思われるかたもいらっしゃるかもしれませんね。プラークのもととなる細菌は、歯ブラシが物理的に入らない歯と歯の隙間にも侵入します。歯間が狭くて通しづらい場合は、ワックス付きのものや特殊な糸のものなど、おすすめのものもありますので、デンタルフロスを使って歯間清掃しましょう。

歯間部は汚れが溜まりやすい

 どうしてデンタルフロスでわざわざ歯と歯の間を磨かないといけないのでしょうか?できれば面倒なことはしたくないですよね。
 正常な歯と歯の間の歯肉は、鞍状(くらじょう)にくぼんでいます。このくぼみにはプラークが停滞しやすく、また歯と歯の間の歯肉は構造的に弱い組織のため、歯間部は虫歯だけでなく歯周病の起こりやすい部位なんです。
 歯と歯の隙間は、たとえ歯ブラシの毛先が入らなくても、細菌は入り込みます。なので、デンタルフロスによる歯間清掃は、虫歯や歯周病の予防に必要なんです。

挿入しやすいのはワックスタイプ

 デンタルフロスには、指に巻いて使用する糸巻き(ホール)型と、柄に糸(フィラメント)が取り付けられたホルダー型があります。ホルダー型は形状によってF字型とY字型に分けられ、糸とホルダーがセットになっているものや、糸巻き型を内蔵しているものがあります。
 デンタルフロスの糸は、歯間部に挿入しやすいように繊維の滑りをよくしたワックスタイプと、ワックスを使わないノンワックス(アンワックス)タイプに分かれます。歯の隙間が狭い場合は、ワックスタイプが入れやすいでしょう。

動かしたかたはコツがある

 デンタルフロスを挿入するときは、グイッと押し付けるように入れると、歯と歯の間の歯肉(歯間乳頭)を傷つけてしまいます。それを避けるためには、のこぎりを引くように糸を横に動かしながら、ゆっくりと挿入していきます。そして歯茎に糸が届いたら、糸を歯のカーブに沿わせて、上の歯の場合は上から下へ、下の歯の場合は下から上へ動かして、プラークをかき出すように除去します。
 糸巻き型は、両手の指4本で持つので細かく糸を動かせますが、うまく動かすには慣れが必要です。ホルダー型を使うなら、F字型よりY字型のほうが歯のカーブに沿わせて動かしやすいでしょう。
 ホルダー型の場合、糸はしなりと強度のあるものが望ましいです。たとえば歯科取扱品のウルトラフロス(ライオン歯科材)は、「テクミクロン」という高耐久性で低摩擦力の繊維材料を使用しています。歯の隙間が狭い場合は、ウルトラフロスSが使いやすいでしょう。

どのタイプを使うにしても、デンタルフロスは歯ブラシとは動かしかたが異なりますので、自己流ではなく、歯科医院でしっかり教えてもらってから使用するといいですよ。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯の噛み合わせとアンチエイジングの関係

  2. 噛めないとどんな栄養が不足しやすいの?

  3. 噛み合わせが悪いと脳への情報伝達が減る⁉

  4. 唇やのどの乾燥と口呼吸

  5. 唾液の正体って知っていますか?

  6. 口紅が歯についたら老化のしるし?