どうなったら歯は抜かれてしまうの?

抜歯は「歯」の死です。でも、自然な死ではありません。ほとんどの歯は、歯科医の判断で抜歯されます。では、どういう状態になると歯は抜かれてしまうのでしょう。

抜歯の基準

 抜歯の基準は「学会で決まっている」というわけではありません。基準となる研究データがあるわけでもありません。抜歯しなければ治らない痛みがあるようなとき、たとえば歯がタテに割れているような場合は抜歯となります。他に方法がないからですが、こういうケースは例外です。
 根の先に膿の袋ができて治りにくくなっているときにも多くは抜歯されていますが、これは根の先を外科的に開いてきれいにすれば治ります。歯周病がひどくなって歯がタテヨコに揺れるようになったときも抜歯されていますが、丁寧なブラッシングで歯茎の状態をよくすることはできます。そのような状態で自然に脱落するまで抜かないでおくこともできます。
 応急処置でない限り、歯を抜くべきか残すべきかは、それにつづく処置によって決まるのです。ですから抜歯の判断は、ケースバイケースです。たしかにひどい炎症をそのままにはできませんから、からだの害を考えて抜歯すべきときはあります。しかし、抜歯につづく治療計画があやふやなときに、とりあえず歯を抜いてしまうというのは困ります。

抜くか抜かないか、何を根拠に判断するのか

 重度の歯周炎になった歯でも、両側に健全な歯があるときは比較的早く抜歯すべきでしょう。そのままにしておくと周囲の骨に悪い影響が及ぶからです。それに両側に歯があれば、抜歯後ブリッジにすることで対処できるからです。同じように歯周炎になっていても、残りの歯の数が少なくなっていたら抜歯は急ぎません。もしも噛み合う相手の歯があるならば、歯を切ってわずかな根っこだけでも残したいと考えます。入れ歯の支えにするためです。逆に、インプラントを使った治療計画であれば、抜歯の判断は早くなります。インプラントを予定するときは、歯を支える組織がある程度残っていても早めに抜歯して、インプラントを植える環境をよくする方がよいと考えるからです。総入れ歯にするときも抜く判断は比較的早めでしょう。
 抜歯後に処置をするつもりがないなら、特別具合が悪くない限り、急いで抜歯する必要はありません。救急の場合を除いて、とりあえず抜歯してから後のことを考えるという治療の進め方はないのです。治療の進め方が抜歯の基準を左右するのですから、抜歯するかどうかは患者さんも参加していっしょに決めるのがほんとうです。

どれだけ悪くなっても歯を抜きたくない

 歯周病の患者さんの中には、どれだけ悪くなっても歯を抜きたくないと思っている方がいます。そういう場合には、可能な限り歯を残すことになりますが、見かけや具合の悪さをある程度犠牲にすることになります。ひどい歯周病では、歯は残したいが見かけもよくしたいという要望はかなえられません。
 患者さんの希望が強いと、歯医者さんもついつい振り回されて治療方針を見失ってしまうことがあります。しかし、ひどくなった歯周病や根の先に膿がたまった状態をそのままにしておくことは、不快なだけでなく、からだの健康に大きな障害になります。手のひら大の膿んだ傷をそのままにしておくことが健康に良いか悪いか、考えてください。

歯を削る、被せる、歯を抜く、ブリッジを入れる、入れ歯を入れる、インプラントを入れる・・・・・・歯がダメになってしまったら、こういう処置が必要になります。もっとも、必要かどうかは患者さん次第です。歯が欠けたのも歯がないのも病気ではありません。ただ、話す、笑う、食べるという日常生活は、不自由になります。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. ほほの内側を噛んでしまうのは、なぜ?

  2. プラークとバイオフィルムは違うもの?

  3. 知っておきたい「歯にガタがくる年齢」

  4. 歯磨き剤の清掃力はタイプや形状によって違う!

  5. 出っ歯や受け口は口呼吸と関係がある

  6. 力のコントロールで歯とあごを大切にしましょう!