唾液の正体って知っていますか?

 私たちのお口の中の唾液ですが、ほとんどの人は、普段では意識しないし、関心もないでしょう。もしかすると、汚いイメージがあるかもしれません。
 ですが、唾液はお口の健康を守るために日夜闘う働き者なんです。当たり前のように私たちのお口に存在する唾液は、じつは意外な素顔を持っているんです。

血液からつくられます。

 唾液は透明な液体なので、水分が姿を変えたものだと思っている方もいるかもしれませんね。しかし、唾液はもともと「血液」なんです。
 水分を摂取すると、胸骨や肋骨などにある骨髄で血液がつくられ、その血液が唾液腺にて唾液へとつくりかえられます。水を飲んでそれがすぐに唾液になるわけでなく、1回血液になってから唾液になるんです。

1日1~1.5リットルつくられます。

 健康な成人の場合、唾液は1日に約1000~1500ml、じつに500ml入りのペットボトル2~3本分つくられます。1日のうちでも唾液の出る量は変化していて、とくに就寝時に低下します。ちなみに、唾液の分泌量は加齢とともに低下していく傾向があります。

唾液腺でつくられます。

 唾液がつくられる唾液腺は、お口の中に大小複数存在し、大きさによって「小唾液腺」と「大唾液腺」に分けられます。耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つが「3大唾液腺」と呼ばれて、とくにたくさんの唾液をつくり出します。耳の下あたりの耳下腺をちょっと押してみてください。じわっと唾液が出てくるのを感じませんか?

多くの成分が入っています。

 唾液の99%以上は水ですが、残りの1%に様々な成分が含まれています。成分は血液から移行してきたものだけでなく、唾液腺で新たにつくり出されるものもあります。
 その1%に含まれる成分をお口や体に有益なものにしぼってご紹介します。

  • リン酸、カルシウム(歯の補修作用)
  • アミラーゼ(消化作用)
  • ムチン(潤滑作用、粘膜保護作用)
  • 重炭酸(緩衝作用)
  • lgA(免疫グロブリンA)、ラクトフェリン、リゾチーム(抗菌作用)
  • 成長ホルモンなどの各種成長因子(粘膜の修復や細胞の保護)
  • 糖タンパク(歯の保護)など

質のよい唾液をたくさん出すには、よく噛めることが大切です。噛めるお口を維持するベストパートナー、歯科・矯正歯科アールクリニックへどうぞご来院ください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 予防で治療を長持ちさせましょう!

  2. 筋力のない人は顎をささえられない?

  3. 口腔がんってどんながん?

  4. 定期検診で咬合接触をチェック

  5. 口紅が歯についたら老化のしるし?

  6. 知覚過敏症とはどんな症状?