口内炎がなかなか治りません。

 「口内炎がなかなか治らない・・・」「市販の薬を使えば、たいてい数日で治るのに・・・」
 なかなかよくならない口内炎は、悪性腫瘍(がん)や前がん病変の可能性があります。いつもの口内炎と違う感じがしたり、からだの調子がおかしいという場合は、すぐに歯科医院か口腔外科にご相談してください。

口内炎の原因はさまざまです。

 「口内炎」は、お口のなかに生じる炎症の症状の総称です。一般的には円形の境界鮮明な潰瘍「アフタ性潰瘍」の症状をイメージされると思います。
 アフタの原因は現在の医学では不明ですが、誤って舌や頬を噛んでしまった後の治りがよろしくなく、そのままアフタになってしまったという経験をお持ちの方もいるでしょう。その他にも、入れ歯や歯の詰め物が当てっている、大きな虫歯などで歯が欠けて尖った部分が当たっている、舌を歯に擦り付ける癖がある、などの場合も口内炎ができやすくなります。
 また、細菌、カビ(カンジタ菌)やウイルスなどが原因で口内炎が起きることもあります。そうしたケースでは、限られた部位だけでなく、お口のなか全体に水ぶくれやただれ、白い苔のようなものができるなど、比較的強い症状が自覚できるのが特徴です。

いつも違うと感じたらすぐ病院へ。

 口内炎が「いつもと違うな」と感じられた際には、すぐに歯科医院か口腔外科を受診しましょう。そしていつ頃からできているのか、どのような症状があったのか、誤って噛んでしまっていないか、など詳しい状況を知らせてください。
 入れ歯や詰め物が当たっていることが原因の場合、当たっている部分を削って丸めるなどすれば、2週間ほど様子をみると治ってしまうことがほとんどです。痛みが強い場合は、炎症を鎮める作用をもつステロイド入りの軟膏を塗ると、治りが早まることもあります。
 しかし、それでもよくならない口内炎には、悪性腫瘍(がん)や前がん病変(白板症など)の可能性があり、注意が必要です。悪性腫瘍は、口内炎の部分が硬く、触るとしこりのように感じられます。炎症の縁の部分がなんとなく不明瞭で色も不規則、白と赤が混ざっているように見えることもあります。
 一般的なアフタなどは、食事をしたり触ったりしたときに痛みますが、悪性腫瘍の場合は痛みがあまりないこともありますので、痛みがないからといって、それだけで安心はできません。経過をみても変化がない場合は、状況によっては組織の一部を切り取って(組織生検)、顕微鏡検査による診断が必要になります。

その他の病気が原因のことも。

 アフタを生じる口内炎には、お口のなかではなく、全身の難病が原因のこともあり注意が必要です。全身に炎症が起きるベーチェット病や、腸に炎症が起きるクローン病などがそれにあたります。
 とくに繰り返し口内炎ができたり、からだの調子もなにか変だというときは、まず口腔外科を受診して相談してみるとよいでしょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 唇やのどの乾燥と口呼吸

  2. 奥歯を失ったままだと太りやすい?

  3. 口紅が歯についたら老化のしるし?

  4. 疲れたとき、歯が浮くのはなぜ?

  5. じつはこんなお薬も歯科に影響を与えているんです!

  6. 唾液の正体って知っていますか?