電動歯ブラシのありがちミステイク

歯科で取り扱っている電動歯ブラシには、優れた機能がいろいろと付いています。磨き時間を教えてくれたり、押し付け防止機能があったり、さらにはスマートフォンのアプリと連動しているものもあったりと、歯磨きを楽しくする工夫がいっぱいつまっているんです。皆さんのなかにも、歯科の高機能な電動歯ブラシを一度使ってみたいと思った方も多いのではないでしょうか?

この高機能電動歯ブラシは、適切に使っていただければプラークを効率よく落とせる優れものなのですが、マニュアルをきちんと読まずに使うと、じつは上手く磨けていないという方が多いようです。高機能な電動歯ブラシを上手く使えていない方にありがちな間違いとはなんでしょうか?

磨くときにブラシを動かしている

磨くときにブラシをゴシゴシと動かしていないでしょうか?高機能の電動歯ブラシは、手磨き用の歯ブラシと同じように動かしてはダメなんです。ブラシは歯面にあてるだけが基本です。

磨くときにブラシを押し付けている

過度の力で押し付けると、歯や歯茎にダメージを与えてしまいます。高機能の電動歯ブラシには、押し付け過ぎを知らせたり、防止する機能が付いていますので、そちらを活用しましょう。

ブラシヘッドを交換していない

お使いの電動歯ブラシの毛先ですが、色が落ちていたり、毛束が開いていたりしませんか?手磨き用の歯ブラシと同じように、電動歯ブラシのブラシヘッドも定期的な交換が必要です(目安は3ヵ月)。

ブラシヘッドを選んでいない

とくに考えずにいつもと同じタイプのブラシヘッドを使い続けてはいませんか?どうしても上手く磨けない場所があるという場合、違うタイプのブラシヘッドに変えてみるのも有効です。

間違った使いかたを日常的にしているせいで歯茎が傷ついていたり、歯茎が下がってしまっている方もいれば、粗目の研磨剤が入った歯磨き剤を使って、歯にダメージを与えてしまっている方も見受けられます。使っていて楽しく、正しく使えば、歯面がツルツルになるくらいプラークを除去できる電動歯ブラシを、ぜひ上手く使いこなしてください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. その歯みがき剤、本当に自分に合っていますか?

  2. 口腔がんってどんながん?

  3. 口で呼吸する習慣

  4. 知覚過敏症とはどんな症状?

  5. プラークとバイオフィルムは違うもの?

  6. 噛み合わせが悪いと脳への情報伝達が減る⁉