親知らずの抜歯がたいへんなのはなぜ?

横向きに生えている親知らずを抜いたほうがよいと言われ、ついに親知らずを抜くことに!抜いたことのある人に聞いたら、「痛い!」「腫れる!」「血が出る!」とたいへんそうな感想ばかり。「抜くのはいやだなあ」と思ってしまう気持ち、よくわかります。わかったうえで、それでも「抜きましょう」とおすすめされるのには、理由があるんです。

親知らずは、たいがい横向きで骨のなかに埋まっています。その横向きの親知らずを抜くには、歯茎を切り、骨も削って、親知らずの頭を出さないとなりません。

とくに下あごの骨は硬く、しかも近くを太い神経と血管が通っていて、細心の注意が必要です。小外科ではありますが、じつは独特の困難をともなう奥の深い手術なのです。

親知らずの抜歯で患者さんを悩ますのが、痛み、腫れ、出血です。当然ながら、ふつうの抜歯に比べると痛みと腫れが強く出ます。痛み止めと抗炎症剤が出るので、しっかり飲んでください。ちなみに痛み止めは、早めに飲むほうがよく効きます。

出血については、削った骨からジワジワ続くので心配する方が多いのですが、じつはこの血が重要で、たまるとゼリー状(血餅)になり、骨の傷口をふさいでくれます。なるべくうがいは止めましょう。帰宅後も出血が多いときはガーゼなどで30分程グッと噛みます。困ったときは、遠慮なく歯科医院に連絡しましょう。

横向きの親知らずを放っておくと、周りの歯茎で細菌が繁殖し、重い症状を起こします。また、細菌のせいで隣の歯を支える骨が溶けたり、親知らずが隣の歯を押し、隣の歯の根っこを溶かしてダメにしてしまいます。

隣の歯、つまり第二大臼歯は、咀嚼のかなめの大事な奥歯です。現在の歯科は、よほどの理由がなければ歯を抜きません。抜歯は誰にとってもつらいものです。しかし、残念ではありますが避けられないケースもあるのです。レントゲンを撮って説明を受け、問題がある親知らずは、健康な隣の歯をダメにする前に早めに抜きましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯と歯茎の間は危険地帯!?

  2. インフルエンザで歯や歯茎が痛くなる⁉

  3. 歯を1本失うと歯全体が狂う

  4. 様々な疾患と歯科治療の関係

  5. 本当の歯の治療とは?

  6. 歯を失ってしまったら!?-インプラント篇