虫歯予防デー

6月4日は、6(む)と4(し)の語呂合わせから、「虫歯予防デー」と言われています。

歴史を振り返ると、1928年から1938年までが「虫歯予防デー」、1939年から1941年までが「護歯日(5月4日)」、1942年に「健民ムシ歯予防運動」、1943年から1947年までは中止、1949年に「口腔衛生週間」として復活、1952年に「口腔衛生強調運動」、1956年に再度「口腔衛生週間」に変更、1958年から「歯の衛生週間」、2013年から「歯と口の健康習慣」(6月4日~10日)になっています。

歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療を徹底することにより歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進に寄与することを目的としています。2018年度(平成30年度)の標語は「のばそうよ 健康寿命 歯みがきで」。

この時期は、幼稚園や保育園、学校での歯科検診を実施されるところが多いかと思います。学校から「要治療」「要注意の歯があり」等の通知を受けましたら、歯科医院の受診をおすすめします。当院では、特に異常がなかったお子様に対しても、フッ素塗布やシーラント(奥歯の溝をプラスチックで埋める虫歯予防処置)等の予防処置も行っておりますので、お気軽にご相談ください。また、大人の方ももちろん、ご自身のお口のなかを見直す良いきっかけにしていただければと思います。

痛みがないと、なかなか歯科医院の受診は躊躇されるのではないかと思います。しかし、痛みが出る前の早期による発見で、治療期間が短く済むケースがあります。当院では、歯ブラシはもちろん、歯間ブラシ、デンタルフロス、歯磨剤など多数の予防アイテムを取り揃えております。担当の歯科衛生士が患者様一人一人にあったアイテムをご紹介させていただきます。クリーニング等のメンテナンスも承っておりますので、この機会に歯科検診を受けられてみてはいかがでしょうか?


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯の役割ってご存知ですか?

  2. ほほの内側を噛んでしまうのは、なぜ?

  3. 歯はひとまとまりで働いている!

  4. 知っておきたい「歯にガタがくる年齢」

  5. 疲れたとき、歯が浮くのはなぜ?

  6. 歯は「唾液」の海で生きている