食べない時間に歯は修復される?

ていねいに歯を磨いているというのに、虫歯になってしまう人。そんな人は一度、自分の咀嚼や唾液について見直してみる必要があるかもしれません。

虫歯になりやすい原因というのは、いくつか考えられますが、その一つに、唾液の量が少ないという要因があります。ご存知でしょうが、唾液は噛むことによって分泌されます。よく噛む人と噛まない人の唾液の量を比較すると、最大10倍の差が出るそうです。

唾液には、虫歯や歯周病を未然に防ぎ、歯の健康を守る効果があります。私たちの口のなかは通常、中性に近い弱酸性に保たれていますが、もしも常に弱酸性が保たれていれば、菌の増殖が抑えられて、虫歯や歯周病にかかる確率はかなり下がるというわけです。

口のなかのpH(アルカリ性・酸性バランス)を維持する役割をはたしているのが唾液です。口のなかのpHは食事をすると、酸性が強くなります。ご飯やパンなどの炭水化物は唾液で分解されると、糖になります。糖は虫歯菌の大好物で、糖を材料にして酸を作ります。

さらに、ご飯やパンなどの炭水化物中心の食事は、歯にべっとりと糖質がからみつきます。軟らかい食べ物が主であれば咀嚼の回数が減り、それだけ歯を洗い流す唾液の量が少なくなります。その結果、歯の表面がザラザラしたり、歯間に食べかすが溜まりやすくなるのです。

酸性が強くなると、歯からカルシウムなどのミネラルが抜けていきます。このことを脱灰といい、歯表面がザラザラしているのは脱灰が始まっているシグナルです。ここから虫歯菌が簡単に侵入してしまいます。

無防備になった歯をディフェンスするのが、唾液です。唾液に含まれるスタテリンという成分が、歯の表面を構成しているハイドロキシアパタイトという無機質とくっついて脱灰部分のエナメル質を修復してくれます。これを再石灰化といいます。

このように、私たちの歯は食事のたびに脱灰と再石灰化を繰り返しています。つまり、食事によって歯の表面を擦り減らしては、食事以外の時間にコツコツと修復していく作業を繰り返しているのです。

ダラダラ食いが歯によくないと言われるのは、食べ物が常時、口のなかに入っている状態では、口のなかが酸性に傾き、歯の表面を修復する時間を妨げてしまうからです。1日3食をきちんと守り、しっかり咀嚼して唾液をたくさん出せば、歯の修復作業もスムーズに進み、結果として虫歯になりにくくなります。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯はひとまとまりで働いている!

  2. 口もとの美しさは健康な機能から生まれます!

  3. 知っておきたい「歯にガタがくる年齢」

  4. 治療を途中でやめても再チャレンジ!

  5. 歯を失ってしまったら!?-入れ歯篇

  6. タバコの害と歯科治療