定年退職後は歯医者三昧?

若い頃は歯に自信があったけど、定年退職後は歯医者通いが始まった?それは、これまで歯医者に縁がなかったわけでなく、体質が変わったわけでなく、プラークや歯石を何十年溜め込んだあげく歯周病に悩まされる中高年の典型的なパターンではないでしょうか?じつは多いんです。こういう人が。

日本では、歯の治療に保険が利くから、割に安く治療できます。だから、どうしてもみんな予防よりも、痛くなったら歯医者に行って治すことを思ってしまいます。

お口のなかにミュータンス菌がたまたま少なかったりして、虫歯になりにくい人は、歯医者とはまったく縁がないというふうになりやすいんです。こういう人、ときどきいませんか?ろくに歯磨きをしなくても、虫歯にならなくて歯が丈夫だっていう人。周りからうらやましがられ、自分は歯が丈夫なんだと、自信がついてしまいます。

ところが、必ずではないですが、この自信が落とし穴になることがあります。こういう人は、つい歯磨きが雑になってしまいます。雑な分、プラークは溜まりますし、歯石だってつきます。さらに、そこにプラークがこびりつきます。すると、歯茎が炎症を起こして腫れていきます。これが歯周病の始まりです。

でも、歯周病は、歯茎が腫れて血が出たって痛くないことが多いです。だから、やっぱり歯医者に行きません。行けば、プラークや歯石をとって歯周病を治しましょう、と指摘されますが、その機会ができません。

結局、歯が弱くなってしまったのは、歳で体質が変わったせいではありません。仕事が忙しかったりして、数十年にわたってプラークや歯石を溜め込んできた結果、じわじわと歯周病が進行してしまっていたんでしょう。

なんでもおいしく食べられる老後のために、今のうちに歯周病を克服しておきましょう。退職金で歯医者三昧にならないように、部下の人たちにも、定期的に歯科健診を受けるように伝えてあげてください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. お口のなかの不思議な感覚?

  2. 知覚過敏症とはどんな症状?

  3. 出っ歯や受け口は口呼吸と関係がある

  4. 歯の噛み合わせとアンチエイジングの関係

  5. タバコの害と歯科治療

  6. インフルエンザで歯や歯茎が痛くなる⁉