お薬手帳は歯科でも役に立つ?

歯科にお薬手帳?なんて聞くと不思議に思う方が多いかもしれませんね。お薬手帳の記録はほとんど医科のお薬についてですからね。

しかし、歯科治療を安全に進めるためには、患者さんの持病や服用しているお薬についての正確な情報が欠かせないのです。からだとお口のなかのことは別物と思われがちですが、実際、持病やその治療薬が歯科に与える影響はたいへん大きいのです。たとえば、血液サラサラの薬を飲んでいる患者さんが、それを歯科に知らせずに抜歯を受けたら血が止まらずたいへんです。歯科でよく処方される痛み止め「ロキソニン」は糖尿病の飲み薬の代表格「スルホニル尿素薬」の働きを阻害します。

ただ、そうはいっても、正確に申告していただくことは簡単ではありません。今では、病院をかけもちして、いろいろなお薬を飲んでいる方も珍しくなく、受けている治療や飲んでいるお薬をご自分ですべて把握しておられるとは限りません。そういうときに頼りになるのがお薬手帳です。少なくとも医科で治療中の方に関しては、受けている治療、飲んでいるお薬が歯科医師に正確に伝わります。

持病に関する情報を歯科と共有することが、患者さんご自身のお口やからだを守るために欠かせない時代になっています。持病のある方、持病の治療を受けている方はぜひご理解いただき、歯科で治療を受ける際にご協力をお願いします。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 消化は口から始まっている

  2. タバコの害と歯科治療

  3. 知覚過敏症とはどんな症状?

  4. 噛み方に癖はある?

  5. 親知らずってなぜ抜くの?

  6. 歯はひとまとまりで働いている!