酸蝕症にご注意を!

酸蝕症(さんしょくしょう)をご存知ですか?

酸蝕症とは、歯に胃酸や酸性の飲食物が繰り返し触れることで起きる病気です。

虫歯や歯周病に次ぐ第三の歯の疾患、また生活習慣病の一つとしてとらえられています。

酸蝕症にかかってしまった歯を酸蝕歯(さんしょくし)といいます。

見た目はエナメル質表面が滑らかでツヤがあるので、病状が進行しないと気づきにくいでしょう。

症状が進行すると、冷たいものが歯にしみる知覚過敏や虫歯のような痛みを引き起こします。

歯の苦手な酸によって溶けてしまうのですが、細菌が関与していないのが、虫歯と違う点です。

虫歯は磨き残したプラークのなかに棲む虫歯菌の出す酸によって、狭い範囲で歯が溶け出すのですが、酸蝕症は酸に触れた歯全体が広範囲に溶け出します。

ここまで聞くと、虫歯よりやっかいな病気だと思うことでしょう。

では、なぜ酸蝕症が発症するのでしょうか?

答えは単純ですが、酸性度が高い飲食物を繰り返し摂る生活習慣が原因なのです。

現代の食生活には欠かさず存在する、ワイン・炭酸飲料・栄養ドリンク・かんきつ類・ドレッシング――酸性度の高い飲食物がたくさんあるのです。

また、健康・美容・ダイエットに効果があるといわれる食品もそうです。黒酢の原液なんて、酸性度高そうですよね。

そして、対策なのですが、簡単にいうと、酸性度の高い飲食物を摂らないことです….

そんなこと…. 今の時代できないですよね。

だからこそ、摂り方に変化を与えていきましょう。

「1回に摂取する量を減らす」「ちびちび飲まない、だらだら食べない」など歯を酸に長時間さらさない、飲み方はストローを使うなどして歯への接触を少なくする、飲食後にガムを噛んで唾液をたくさん出して酸を中和する、といった方法を加えてみるのがいいでしょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. お薬手帳は歯科でも役に立つ?

  2. 歯を失ってしまったら!?-インプラント篇

  3. 消化は口から始まっている

  4. 出っ歯や受け口は口呼吸と関係がある

  5. 本当の歯の治療とは?

  6. 口紅が歯についたら老化のしるし?