無意識のうちに口が半開きになる

昨日の記事であげました口呼吸をしている可能性がある八項目チェック。

今回はまず、「無意識のうちに口が半開きになる」についてです。

口が半開きになっている人を多く見かけますが、これがいわゆるポカン口顔であって、ふぬけ顔ともいわれます。

子どもばかりか大人でも口もとがゆるんでいる人が少なくありません。

さすがに人前で緊張しているときは、口を閉じますが、緊張がゆるむと自然に口が半開きになってしまうようです。

とくに電車のなかなどで、身なりも化粧もキリッとした女性なのに、仕事を終えてリラックスしてしまったのか、間の抜けたポカン口顔を見せられると、とても悲しいような寂しい気分になってしまいます。

このような女性も、鼻ではなく、口で呼吸する習慣が身についてしまったのかもしれません。

口で呼吸をするということは、いつも口を開けているわけなので、顔にしまりがなくなるだけでなく、口腔内のだ液が渇きやすいため、細菌が感染して口臭が発生します。

口臭は食後のブラッシング不足だけでなく、口呼吸が原因でも起こります。

口臭がひどい人は、ふだん口呼吸をしているのではないかと疑ってみてください。

次の記事では、出っ歯や受け口が口呼吸と関係する理由についてお伝えします。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 健康に生きるには健全に食する

  2. 食べない時間に歯は修復される?

  3. お薬手帳は歯科でも役に立つ?

  4. ほほの内側を噛んでしまうのは、なぜ?

  5. 歯を1本失うと歯全体が狂う

  6. 細菌だらけのなかに立つ、新陳代謝のない組織