定期検診で咬合接触をチェック

自分の歯も、被せた補綴物も、長年使っていれば、噛む際の力=咬合力(こうごうりょく)を受けるバランスは変わってきます。

ちなみにこの咬合力、人によって大きく差がありますが、男性で60kgくらい、女性で40kgくらいが多いようです。(中には100kgを超える人もいます。)

自分の歯に被せ物もなく、すべて自分の歯で過ごしていても、もちろん咬合力を受けるバランスは変わります。

自分の歯でも、単純に下顎を動かして食べ物を噛み切る上下運動を主体としたチョッピングタイプから、下顎を横に動かして食べ物をすりつぶす動作を主体とした上下左右に複雑に動くグラインディングタイプへと変化し、その後フルバランスの咬み合わせとなるように、加齢とともに咬み合わせのタイプや咬合接触も変化してきます。

ましてや、自分の歯と硬さの違う補綴物が同じ口のなかにあれば、使ううちに摩耗するスピードに差が現れ、咬み合わせに変化が出てくるのです。

たとえば、被せた歯からダメになる原因のひとつに、咬み合わせは最初はよかったが、使ううちに周りの自分の歯がすり減るので、硬い被せ物をした歯は、外傷性咬合とよばれる咬合力の過重負担を受けてしまうことがあります。

レントゲン写真で見てみると、咬合力の負担が大きすぎるために、歯を直接支える歯の周囲の骨の構造が壊される現象が見られます。

これを放置しておくと、歯はだんだんグラグラしてきて、最後には抜けてしまいます。

一本も治療していない自分の歯だけの場合でも、加齢とともに歯がだんだん摩耗し、咬合力を受ける歯それぞれの役割が果たせなくなると、ほかの歯が役割以外の過剰な力を受けるようになり、その力に負けてしまう歯が出てきます。

たとえば、前歯は顎の横の動きをコントロールする力に強く、強く噛みしめる縦の力には弱いのです。

一方、奥歯はその逆で、横の力には弱く、強く噛みしめる縦の力には強いのです。

奥歯は横の力、前歯は強い力を絶えず受けるようになると、歯を支える骨は悲鳴をあげ、歯はグラグラしてきて、しまいには抜けてしまいます。

歯を長持ちさせるためにも、かかりつけの歯科医院での定期検診などで咬み合わせの力を定期的に検査し、過度に力の負担を受けて負けている歯がないか、チェックしてもらってください。

咬み合わせ不良は肩こり・頭痛から不定愁訴まで引き起こす原因にもなってしまいます。定期検診は歯のクリーニングだけではなく、お口全体として異常がないか確認するという意識を強くお持ちいただくことが、これから先の健康づくりにつながることでしょう。もし、気になることがあって、「聞きたい」「相談してみたい」と思ったら、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックにご連絡またはお越しくださいませ。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. お薬手帳は歯科でも役に立つ?

  2. 親知らずってなぜ抜くの?

  3. 食べない時間に歯は修復される?

  4. 歯の噛み合わせとアンチエイジングの関係

  5. 歯と歯茎の間は危険地帯!?

  6. 定年退職後は歯医者三昧?