治療にやさしい食事をしましょう。

よく噛むと身体にいいのよ。
しっかり噛んで食べなさい。
子どもの頃に親から言われていませんでしたか?
よく噛んで食べると消化と吸収によいだけでなく、
虫歯予防になる、
脳の働きが活発になる、
満腹中枢が働き肥満防止にもなる、
と様々にとてもよい効果が生まれると言われています。
でも、じつは、しっかり噛まないほうがよいときもあるのです。
それは、歯の治療中です。
たとえば、歯茎を切開して治療をした、仮歯が入っているなど、治療がひと段落するまではなるべく強く噛まないほうが治療が順調に進み、よりよい結果を得る場合もあるのです。
歯の治療中だと、強く噛まないというよりかは、ひょっとして強く噛めないという場合があるかもしれませんが、ここでは意識することが大切となります。
できれば、普段通りの食事をしたいと願う気持ちは十分にわかります。
ただ、治療内容や処置の程度によっては、治療結果をよりよいものにするために、ご協力していただく場合があります。

外科治療を受けてしみる、腫れている

外科手術を受けたあと、1週間ほどは、噛む力で傷口が開きやすいときです。
力を加えると、傷の回復も遅くなりがちです。
手術がお口の片側だけなら、翌日くらいから、くたくたに煮たうどんを反対側の歯でそっと噛んでください。
手術範囲の広い場合は、噛まずに食べられる、おかゆやスープなどを。
生醤油、酸味、香辛料は強くしみるので避けて、塩分控えめでとろみのあるものが食べやすいでしょう。
アルコール類は控えてください。
1週間ほどで傷口はふさがってきますが、2週間くらいからは腫れによってお口が開きにくいこともあります。
具が小さく、スプーンで簡単につぶせる軟らかさのものがおすすめです。

仮歯が入っている

クラウンやブリッジの仮歯は、治療途中の歯につけられます。
必要なときに外して治療しやすいように、仮歯用の弱い接着剤が使われています。
また、成形したり、削って調整しやすいように軟らかいレジン(プラスチック)でできています。
そのため、仮歯に強い力がかかると、取れたり、割れてしまいやすいので注意が必要になります。
とくに危ないのが、スルメやフランスパン、焼き鳥といった、引っ張ってかじる食べ物です。
そして、せんべいや飴などの硬いものも避けましょう。
ガム・グミ・キャラメルなど歯にくっつきやすい食べ物も仮歯が取れてしまう原因になります。

新しい入れ歯の調整中

新しい入れ歯に少しでも早く慣れようとして、まだ調整の終わらないうちから、出来たばかりの入れ歯で無理をして普段の食事をするのはやめましょう。
1~2週間は、おかゆやスプーンでつぶせる程度のおかずにしてください。
軟らかいものから始めて、少しずつ慣れていくことが大切です。
あせって頑張りすぎてしまうと、歯茎を傷つけてしまい、痛みで使い続けられなくなり、調整も慣れることも中断してしまうことになります。
まずは、軟らかいものを食べながら、入れ歯を支える頬の筋肉などの機能の回復を待ち、1ヶ月ほどかけてじっくりと慣れていきましょう。

インプラント体が入ってから約2週間

インプラント体の埋入手術から2週間は、インプラント体と骨が結合しはじめるデリケートな時期です。
可能な限りは、そっとしておきたいものです。
即時荷重インプラントといって、手術当日に歯も入る治療がありますが、歯が入ったからとおもいっきり噛んで食べていると、噛む力がインプラント体と骨の結合の邪魔をしてしまうことがあります。
噛んで鍛えていこう、噛んですぐ慣れていこうなどとは思わず、少なくとも2週間は慎重にし、おかゆやスープなど噛まずに食べられるものから始めて、くたくたに煮たうどんや舌でつぶせるような煮物など、ほとんど噛まなくてすむものをとっていただくとよいでしょう。

治療期間中の食事は、もちろんですが、ただ軟らかければよいというものではありません。患者様がバランスよく栄養をとり、体調よく過ごされることは、治療経過にとっても、とても重要なことなのです。もし、気になることがあって、「聞きたい」「相談してみたい」と思ったら、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックにご連絡またはお越しくださいませ。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯を失ってしまったら!?-ブリッジ篇

  2. 本当の歯の治療とは?

  3. 酸蝕症にご注意を!

  4. 定期検診で咬合接触をチェック

  5. 出っ歯や受け口は口呼吸と関係がある

  6. 歯はひとまとまりで働いている!