知覚過敏症とはどんな症状?

「歯磨きのとき、ブラシの毛先が当たると痛い」、「冷たいものがしみる」、「酸味の強いものを食べるとしみる」などの経験ありませんか?

象牙質の露出が原因

象牙質知覚過敏症とは、虫歯、歯周病、咬耗や摩耗歯の破折、酸性食品の過剰摂取などによって、露出した象牙質に刺激が加わると、一過性に痛みや冷熱痛を感じる疾患です。主な形態としては、歯頚部(歯の周り)や根面部が機械的な力(歯磨きを横磨きで強く行うなど)でえぐり取られたような形がみられ、全歯の約20%くらいに発症率があるといわれています。また知覚過敏は、歯周病治療でスケーリング、ルートプレーニングといった歯根面の歯石や汚れを除去する治療をした場合、一過性の反応として生じる場合もあります。

知覚過敏症の原因と対策

知覚過敏症は、「しみる」とか「痛み」の症状にちなんだ病名で、その作用機序については不明な点が多いのですが、露出した象牙質に機械的刺激(間違ったブラッシング)や酸性食品の取りすぎ、過度の噛み合わせなどが加わると、象牙細管内の組織液が刺激によって移動し、歯髄、象牙質内の神経終末が興奮するために起こるという説です。

orthodonticdentistry_blog_73_1

したがって治療としては、露出した象牙細管をブロックすることで知覚を遮断する方法がとられ、その遮断薬として色々な薬が開発されています。また、軽い場合は歯をきれいに磨くことで自然に治癒することもあります。歯を磨く際、過度な力で大きく横磨きをすると、歯と歯茎の境界にくさび状に欠損を生じるのでよくないといわれています。磨き方の改善が必要です。少ししみたり、痛みがあるからといって、歯を磨くのを怠りがちになると、プラークが付着してきますから、象牙細管がさらに開口され、脱灰を促進することになり、その症状をますます増進させることになります。最近は、歯磨剤のなかに知覚亢進を抑制する薬剤、たとえばフッ素化合物や乳酸アルミニウム化合物などを入れた歯磨剤が市販されています。しかし、知覚が亢進して温熱反応(熱いものを食べるとズキーンとくる痛み)のある場合は、神経(歯髄)を取らなければいけない場合もみられます。

早めの修復も肝心

象牙質知覚過敏症は、人によって痛覚が異なるため、症状と象牙質の露出状況は必ずしも一致しません。もし、くさび状にエナメル質が削られ、象牙質が露出してしまった場合は、早めにコンポットレジンなどで修復することが必要ですし、歯の磨き方にも注意する必要があります。

健康な歯肉でも加齢によって、ある程度歯肉が退縮することは避けることができません。歯根部の象牙質の露出を防ぐには歯周病の予防に努めることと、歯肉の退縮が進みやすいような不適切な歯磨きをしないことです。またプラークが付着した状態が長く続けば、歯の表面が酸により溶けて、知覚過敏が起きやすくなり、虫歯も進行しやすくなります。もし、気になることがあって、「聞きたい」「相談してみたい」と思ったら、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックにご連絡またはお越しくださいませ。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 今日は歯列矯正の日

  2. 噛み合わせが悪いと脳への情報伝達が減る⁉

  3. 定年退職後は歯医者三昧?

  4. 消化は口から始まっている

  5. 顔の表情筋は「キレイ」を大きく左右する?

  6. お薬手帳は歯科でも役に立つ?