プラークとバイオフィルムは違うもの?

歯科医院で歯垢を取ってもらったあと、歯の表面に舌を当てて動かすと、ツルツルした感触がとても気持ちいいですね。ヌルヌルした歯垢(プラーク)は細菌の仲間たちが徒党を組んで増殖し、歯や歯茎に悪さをします。歯周病は糖尿病と同じようにコントロールするのがエンドレスといわれていますが、治療の効果を出すには、日常のメンテナンスが重要なんです。

歯や歯茎の周りにできるヌルヌルした粘着状のもの

プラークとバイオフィルムは基本的には同じものです。一般的に、バイオフィルムというのは、下水管や湿った場所で管の周りにできるヌルヌルした沈着物のことをいいます。お口の中もいっしょで、歯や歯茎の周りにヌルヌルした粘着物が沈着したものです。バイオフィルムは多数の細胞から構成されていて、細菌体外で合成する多糖類でグリコカリックスとよばれています。別名ではムコイドや菌体外多糖物質などともいわれていて、複数の細菌が生息している環境で合図を出しています。これは、自分たちの環境が悪くなると、増殖を阻止させたり、細菌同士の情報伝達にも使われています。自分たちの環境を守るために、外界からの攻撃を防ぐための膜状の保護膜を作っているのです。

共同の地域(社会)を作って増殖する細菌集団の怖さ

多数の細胞が集落を作ってバイオフィルムを形成しています。この細菌集団は除去が困難で、きわめて厄介なしろものです。細菌同士が勝手に増殖の密度や病原菌因子を調整する能力があるのです。

抗菌薬も効き目がない頑固な砦を築いている

細菌集団の生存に適切に対応できる体系で、生き残りをかけた手ごわい生態系を構築しています。よって、抗菌剤を投与しても、バイオフィルムを形成している限り、その効果を十分に果たすことができません。特に、バイオフィルムを放置し、成熟してくると、きのこ状になり、内部に水分の通過する通路が形成され、そこから栄養源を取り入れ、不要な老廃物を排出しています。バイオフィルムの表層は、抗菌剤に対して感受性を少し示しますが、中心部の細菌集団には全く効果を示せません。頑固な砦のようなものですから、歯周病の予防や治療には抗菌剤や消毒剤の投与だけでは、効果が望めないのが理解できると思います。

頑固に付着しているバイオフィルムを除去するには、歯科医院で歯科衛生士による機械的な歯面清掃PMTCを定期的に受けるのがいちばんです。もし、気になることがあって、「聞きたい」「相談してみたい」と思ったら、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックにご連絡またはお越しくださいませ。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 酸蝕症にご注意を!

  2. お口のなかの不思議な感覚?

  3. 親知らずってなぜ抜くの?

  4. 歯科には健やかな老後を支える役目もあります。

  5. 定期検診で咬合接触をチェック

  6. 本当の歯の治療とは?