噛み方に癖はある?

「無くて七癖」
癖が無いように見える人でも、少しは癖を持っているものだということ。人には色々な癖があり、物を噛むときも同じです。左右の歯でバランスよく噛むことが、歯の健康を保つことにつながります。

顔の外形と歯の外形

顔の骨格の上には多くの顔面筋が存在しています。年をとると、口元にもしわが増えて老人顔になるのも、お口の周りの口輪筋という、口元を支えている表情筋の作用が衰えてくるからです。顔は卵形、細面形、丸形、長方形、四角形、三角形など、色々な分類法があります。

かつては四角形のえらのはっている人が多く、物を噛む力が強かった、または強くならざるをえなかった人が多く見受けられました。最近は、あまり噛まなくてもよい軟らかい食べ物のために、えらの発達した四角形の人が少なくなり、細面のうりざね形(瓜の種子の形に似た輪郭を持つやや面長な顔)が多くみられるようになりました。

歯は奥歯から前歯にかけて、顔の外形に類似した歯並びがみられます。このような歯並びをしている人は、右利きの人は左側で噛む人が多いようです。左利きの人は反対に、右側で噛む人が多いようです。これは、大脳の働きとも関係しています。右脳の人は左利きで、左脳の人は右利きが多いといわれています。ところが、歯が抜けたりしてブリッジや義歯を入れたりすると、大脳からの指令は噛みやすいほうに転換するサインが出ます。今まで左側で噛んでいた人が、入れ歯よりも自分の歯のほうが噛みやすいとなると、反対側の右側で噛むようになるのです。これは、噛む能力を大脳が選別して、その指令を送るためです。

口元を美しく保つために

高齢の方のお顔をよく見てみると、左側の口元がやや下がりぎみの方、反対に右側の口元が下がりぎみの方などがみられます。口腔の機能から考えますと、左右均等に噛むことでバランスが維持され、口腔表情筋も偏らず均等になります。物を噛むときには、意識して平均的に全体で噛むように心がけたいものです。バランスがよくないと、歯の摩耗も偏り、不均一による顎関節症の原因にもなります。噛むことの大切さは、消化器系の負担を少なくし、肥満を防止し、脳への血流もよくします。

平均的によく噛むことで、歯の周囲の歯茎や歯根膜も鍛えることになります。ぜひご自身の噛み癖について、意識し、注意してみてください。もし、気になることがあって、「聞きたい」「相談してみたい」と思ったら、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックにご連絡またはお越しくださいませ。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 食べない時間に歯は修復される?

  2. 細菌だらけのなかに立つ、新陳代謝のない組織

  3. インフルエンザで歯や歯茎が痛くなる⁉

  4. 疲れたとき、歯が浮くのはなぜ?

  5. ほほの内側を噛んでしまうのは、なぜ?

  6. 歯を失ってしまったら!?-入れ歯篇