子どもを産むと歯が悪くなる?

妊娠すると、すっぱいものが欲しくなるなど、嗜好や味覚が変化します。また、妊娠中はホルモンのバランスや唾液の量が変化するために、歯茎に炎症を起こしやすくなります。妊娠中の女性の歯肉の溝からは、エストロゲン(女性ホルモン)を好む特有の細菌が見つかります。妊娠性歯肉炎といわれる歯肉の腫れには、その細菌が関係しています。痛みのある虫歯は、出産という大事業の支障になりかねません。安定期に治療をしておくべきでしょう。

昔から「子どもを一人生むごとに歯が悪くなる」といわれてきましたが、これは赤ちゃんに栄養をとられてしまうからではなく、生活のリズムが乱れ、食生活が偏り、口の中の衛生状態が悪くなることに原因があるというのが、真相のようです。


妊娠中の歯科治療の注意

妊娠中の歯科治療は、麻酔、投薬、X線撮影などの面で注意すべきことがあります。妊娠初期には、胎児に影響が及ぶ可能性がありますので、受診の際に必ず、妊娠の可能性を伝えるべきでしょう。安定期であれば、普通の人の診療と違いはありませんが、治療期間についてよく相談する必要があります。


母子手帳の交付を受ける

妊娠に気づいたら役所に届け、母子手帳の交付を受けます。かかりつけの歯科医がいる場合には、その母子手帳を持って歯科健康診断を受けてください。母子手帳の歯科の記入欄に必ず記入してもらいましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 赤ちゃんのためにも歯科健診を受けましょう!

  2. 妊娠中こそ歯科検診を!

  3. 妊娠と虫歯の深い関係

  4. 歯周病菌は妊婦さんが大好き

  5. 赤ちゃんの虫歯予防は妊娠中から

  6. 「良い歯」づくりはいつから始めるか?