胎児のためにも清潔に

妊娠時には口腔内に変化が現れます。その症状と予防についてのお話です。

俗説に、妊娠すると赤ちゃんに歯のカルシウムを取られるため、子どもを一人生むと歯が1本ダメになるといわれますが、そんなことはありません。しかし、虫歯や口内炎、歯周疾患になりやすくなるのは事実です。原因は、唾液が酸性に傾く、間食の回数が増える、つわりの影響で歯ブラシを口に入れると吐き気をもよおすので手入れが行き届かないなどです。

口の中が汚れていると、女性ホルモンの影響により歯肉炎になりやすくなります。出産後、自然に治る場合が多いのですが、出血するからといって歯を磨かなければ悪化します。1本ずつ丁寧に磨きましょう。

吐き気をもよおすときのブラッシングは、においや刺激の強い歯磨剤は避け、小さめの歯ブラシ(赤ちゃん用)を使います。まず、奥歯を噛んだまま歯の表側、上顎と下顎の歯と歯茎の境目をしっかり磨きます。次に裏側。下を向き口を軽く開け、前歯から奥歯へと磨きます。歯と歯の間も虫歯になりやすいので、糸ようじを使って予防しましょう。

朝起きたときは特に気分が優れないことが多いので、気分のよいときを見つけて時間をかけてしっかり磨きましょう。

また、妊娠中の歯科治療が不安という方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。これは結婚式の前にエステに行くのと同様、妊娠前に歯科医院に通って一通りの治療を受けておくのが一番です。もし、妊娠中に歯や歯茎が悪くなった場合も、安心して受診してください。虫歯で食事がとりづらかったり、重症な歯周疾患は、胎児にとっても好ましくありませんから、早く治療することをお勧めします。

よく皆さんが心配するエックス線撮影も、歯科医療においての被爆は微量であり、鉛入り防護エプロンを使用するとさらに百分の一程度にエックス線を低減します。照射部位も子宮から離れており、直接子宮方向へエックス線が向くことはほとんどありませんので、胎児には問題ありません。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 赤ちゃんへの影響は大丈夫?

  2. 「良い歯」づくりはいつから始めるか?

  3. 生まれてくる赤ちゃんのためにも予防しましょう!

  4. 妊娠中こそ歯科検診を!

  5. 歯周病菌は妊婦さんが大好き

  6. 赤ちゃんのためにも歯科健診を受けましょう!