赤ちゃんのためにも歯科健診を受けましょう!

妊娠は女性にとって、お口の健康の曲がり角です。妊娠中は、お口の健康を保ちづらい条件が揃うので、お口の悩みが生じやすいのです。

この時期に歯科にかかって改善しておけば、たいていは歯科指導や小さな処置で事なきを得られますが、じつは多くの方がお腹の赤ちゃんを気づかうあまり、必要な受診を避け、お口の悩みをついそのままにしてしまいます。しかも出産後は、子育ての忙しさで自分のことは後回しにしてしまいます。気づいたときには、大がかりな治療が必要になるほど悪化しているケースがあとを絶ちません。

ことに、出産を機に家庭に入る方は、職場で健診を受けなくなり、健診の機会が減るため、虫歯や歯周病が進行していることに気づかないまま過ごしてしまいやすいのです。特につい自分のことを後回しにしがちな女性の方は、妊娠したら必ず妊婦歯科健診を受けるように意識してください。歯科健診で自分のお口のなかの状態を知って、プロのアドバイスで口腔環境を効率よく改善したり、大ごとにならないよう小さな処置でトラブルを止めて、お口の健康を長く保っていただきたいと思っています。

その際、もうひとつ忘れてはならないことがあります。それは、妊婦さんのお口の健康は自分のためだけではないということです。妊婦さんのお口の健康は、お腹の赤ちゃんの育ちや将来のお口の健康に直接的・間接的に影響するからです。歯周病の炎症は、お腹の赤ちゃんの成長に影響し、早産にも関わります。また、お母さんのお口のケアが不十分で虫歯菌がたくさんいると、生まれてきた赤ちゃんのお口に虫歯菌がうつりやすく、お子さんの生涯の虫歯リスクを決定づけてしまいます。

母子健康手帳をもらったら、ぜひ妊婦歯科健診を受けて、歯科健診のページを空欄にしておかずに活用してください。そして、この健診をきっかけに、かかりつけの歯科医院をもちましょう。信頼できるかかりつけの歯科をもてば、ご自身のお口はもちろん、これから始まる子育てのなかで、お子さんのお口の健康を守るための大きな支えにもなるでしょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 妊娠中こそ歯科検診を!

  2. 歯周病菌は妊婦さんが大好き

  3. 妊婦さんももちろん治療を受けられます!

  4. 生まれてくる赤ちゃんのためにも予防しましょう!

  5. 赤ちゃんへの影響は大丈夫?

  6. 妊娠と虫歯の深い関係