妊娠中こそ歯科検診を!

妊娠中はつわりなどで歯磨きも億劫になりがちです。歯ブラシをお口に入れるのも辛い妊婦さんもいらっしゃいます。

でも、妊娠すると歯周病菌が増えやすく、歯周病にかかりやすくなります。歯周病が進むと早産のリスクが高まります。そして、妊娠中はお口のなかの細菌を洗い流す唾液の分泌も減ってしまうので、虫歯にもなりやすいのです。

しかし、吐き気などつわりがひどいときに、無理をすることはありません。歯磨き粉の味が駄目なら、歯磨き粉なしでブラッシングするだけでOK。それも辛いなら、うがいだけでもいいのです。

ただし、つわりがおさまって安定期に入ったら、歯科医院で検診を受けてください。

十分なブラッシングができていないと、汚れが固まって歯石となってしまいます。でも、歯科医院で歯石を取るクリーニングをしてもらえば、歯周病の発症を抑えることができます。

また、虫歯ができていたら、初期でもこの期間に治療してしまいましょう。生後すぐの赤ちゃんに虫歯菌はいませんが、1歳半から2歳半までの間に感染しやすいことがわかっています。妊娠中に虫歯を治療しておけば、子どもに虫歯菌をうつしてしまうリスクが少なくなります。妊娠後期になってしまうと、お腹が大きくて治療用イスを倒したときに苦しくなったり、気分が悪くなったりすることがあります。

出産後に歯が痛くなると、乳飲み子を連れて通院しなければなりません。妊婦さんこそ、検診で早めに虫歯や歯周病を見つけて治療をする必要があるのです。

妊婦さんにとって一番の心配は、レントゲン撮影による放射線の被爆でしょう。歯科医院でのレントゲン撮影は、歯を写すのみですし、鉛のエプロンをかけて撮影しますので、お腹の赤ちゃんが被爆する心配はまずありません。

そして、お腹の赤ちゃんは妊娠7週目から乳歯の芽ができ始め、4か月頃から硬くなる石灰化が始まっています。赤ちゃんは丈夫な歯になるよう、カルシウムが豊富なバランスの良い食事を心がけてください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯周病菌は妊婦さんが大好き

  2. 「良い歯」づくりはいつから始めるか?

  3. 赤ちゃんの虫歯予防は妊娠中から

  4. 赤ちゃんへの影響は大丈夫?

  5. 生まれてくる赤ちゃんのためにも予防しましょう!

  6. 妊娠と虫歯の深い関係