歯周病菌は妊婦さんが大好き

妊婦さんの体内でさかんに分泌される女性ホルモン。歯周病菌はこのホルモンが大好物。たくさん食べてパワーを増して増殖します。

なぜ妊婦さんは歯周病になりやすい?

子宮やおっぱいを大きくし、胎児が元気に育つようにからだを変化させる女性ホルモン。歯周病菌の仲間にはこのホルモンを栄養源とするものがいて、女性ホルモンが豊富な妊婦さんの歯茎が大好きなんです。さかんに増殖し、活発に活動します。

そのため妊娠中は、ふだん歯茎が腫れない人も歯周病の初期症状「歯肉炎」になりやすく、歯周病(歯周炎)の方は病状が進行しやすいのです。歯周病の炎症は低体重出産(早産)と関連するといわれ、赤ちゃんの成長に影響を与えかねません。早期に歯科健診を受けて、歯周病を治療、予防しましょう。

歯肉炎

歯周病が悪さをして、歯茎が腫れています。この段階では歯茎が腫れているだけです。歯を支える骨はまだ破壊されていません。プラーク(歯垢)と歯石をきれいに取れば、1~2週間で腫れが引き、すっかり元通りに治ります。


軽度歯周炎

歯周病菌が悪さをして、歯を支えている骨が破壊されはじめています。失われてしまった骨は、治療してもなかなか元通りには治りませんが、プラークと歯石をきれいに取り除けば、炎症を止めることができ、大がかりな治療は必要ありません。


中等度歯周炎

骨の破壊が進行しています。体調によっては、歯茎が腫れて痛み、歯を支える骨が減ったために歯茎がやせて歯が長く見えはじめます。放っておくと歯を失ってしまうことになります。治療するには歯茎の手術など、専門的な歯周病の治療が必要になることもあります。


思い当ったら、すぐに歯科医院に受診し、治療とセルフケアの指導を受けましょう。出産した後は、子育てで忙しく、自分の通院はつい後回しになり、症状を悪化させてしまいがちです。治すなら今のうちです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 妊婦さんももちろん治療を受けられます!

  2. 赤ちゃんのためにも歯科健診を受けましょう!

  3. 妊娠中こそ歯科検診を!

  4. 妊娠と虫歯の深い関係

  5. 生まれてくる赤ちゃんのためにも予防しましょう!

  6. 赤ちゃんの虫歯予防は妊娠中から