妊婦さんももちろん治療を受けられます!

妊娠前から予防をして、ずっと健康なお口で過ごせるのが理想とはいえ、もし妊娠中に悪化しても基本的には通常の歯科治療は受けられます。

妊娠中の歯科治療。受けられる時期と注意点は?

妊娠初期(妊娠0~15週)

つわりで繰り返し起きる嘔吐や、嗜好の変化と偏り、吐き気による歯磨き不足などのために、虫歯や歯周病になりやすいお口へと急激に変化しやすいです。
注意点赤ちゃんの重要な器官がつくられる大切な時期。流産の危険性も考慮して、痛みや炎症をひとまず止めるための応急処置にとどめ、本格的な治療は安定期か産後に行います。かかりつけの歯科医院で必ず定期的に経過観察を受けましょう。

妊娠中期(妊娠16~27週)

徐々につわりがおさまって歯磨きが楽になってきます。一方、食欲が増して間食の回数が増えるなど、食習慣の変化が虫歯の原因になりやすい時期です。
注意点胎盤が完成する安定期に入ります。産後まで治療を待てない場合、外科処置を含む一般的な歯科治療を受けることができます。激しい急性炎症を起こすような、進行した歯周病や親知らずの抜歯は、必ず産科の主治医の許可を得て行います。

妊娠後期(妊娠28~39週)

赤ちゃんが急激に成長して子宮が大きくなるので、胃が圧迫されて一度にたくさん食べられません。ちょこちょこ食べる必要があるので、虫歯のリスクが上がる時期です。
注意点仰向けで診療を受けると大きくなった子宮に大静脈を圧迫され、低血圧症を起こしやすくなります。産科の主治医に相談し、歯科受診の際はチェアの背を少し立ててもらって短時間の応急処置にとどめるなど、体調に合わせた治療計画を立ててもらいましょう。

CHECK!妊娠後期の仰向け姿勢で起きがちな低血圧症。からだを左側に傾けると、大静脈の圧迫を避けられ低血圧症を防ぐことができます。足を組み、タオルで背中を固定すると安定します。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 妊娠と虫歯の深い関係