妊娠と虫歯の深い関係

「妊娠すると歯が悪くなる」とよく言われますが、それはなぜでしょう?食の好みの変化や間食など、妊婦さんならではの事情が関わっているんです。

Question

妊娠すると歯が悪くなるって聞きますけど、私はもともと虫歯が少ないから、歯科健診には行かなくても大丈夫ですよね?

Answer

妊娠すると、つわりで歯磨きがつらくなったり、食の好みがガラッと変わったり、一度に食べられないので間食が増えたりして、虫歯菌が喜ぶような環境変化がお口のなかに起きやすいんです。だから歯科健診はぜひ受けて、歯を守っていきましょう。


「妊娠後に歯が悪くなった」といういう話を、出産経験のある女性から聞いたことはありませんか?じつは妊婦さんのお口が虫歯になりやすいというのは本当のことなんです。

ただし、その原因というのは、よく言われる「カルシウムを赤ちゃんに奪われてしまうから」ということではありません。赤ちゃんを育てるために妊婦さんの身体に起きる変化が大きく関わっているんです。

お口のトラブルを起こしやすくなる変化として、よく指摘されるのが「つわり」です。歯ブラシや歯磨き剤を口に入れるだけで、吐き気がしてしまう方もおられ、丁寧に歯磨きをすることが難しくなるからです。

味の好みも変わります。甘いもの、すっぱいものが好きになり、虫歯菌の大好物の砂糖や歯のカルシウムを溶かす酸性度の強い食べ物(柑橘類など)をとる機会が増えてしまうのです。しかもお腹が大きくなると胃が押され、少しずつしか食べられません。間食が必須になってしまい、虫歯菌はそのたびエサをもらえて大喜びというわけです。

また、妊娠中はホルモンの影響でだ液が減ってしまいます。そうなると、お口のなかを洗い流す自浄作用も、歯を修復する再石灰化作用も弱まるんです。

ふだんよりも虫歯になりやすくなる妊婦さんのお口ですが、これは赤ちゃんが生まれるため自然に起きる変化ですから、虫歯になりやすいからといって止められるものではありません。だからこそ、こういうときは歯科健診を受けて、専門のサポートのもと、大切な歯を守っていきましょう!

リスク1

つわり

  • 歯ブラシを口に入れると「オエッ」となりやすく、歯磨きが難しくなる。
  • 歯磨き剤の味が苦手になると、歯磨き剤に入っている虫歯予防に有効なフッ素を利用できない。
  • お口に胃液が逆流し、強い酸に触れた歯の表面が溶けてしまう。
リスク2

食の好みの変化

  • 甘いものが好きになると、虫歯菌の大好物「砂糖」をたくさんとるようになる。
  • 酸っぱいものが好きになると、強い酸が歯に触れる機会が増え、歯の表面が溶けやすくなる。
リスク3

間食

  • ちょこちょこ食べると、そのたびに虫歯菌はエサをもらえて大喜び。とくに甘いものをよく食べると虫歯になりやすくなる。
リスク4

だ液の減少

  • 妊娠による身体の変化に伴って、分泌量が減るため、だ液の粘り気が増し、お口のなかが洗い流されにくくなる。
  • だ液が減ると、虫歯になりかかった歯を修復してくれるだ液の再石灰化作用が弱まってしまう。
CHECK!

酸っぱいものが上がってきたらうがいを!

胃酸がお口のなかに習慣的に逆流したり、酸味の強い柑橘類などを日常的に食べていると、その酸に触れた歯の表面のカルシウムが溶けてしまい、エナメル質が薄くなってしまうことがあります。硬いエナメル質が薄くなると虫歯の穴が開きやすくなってしまうので、胃酸がお口に上がってきたり、酸味の強いものを食べたあとは、水でブクブクうがいをしましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 妊娠中こそ歯科検診を!

  2. 赤ちゃんへの影響は大丈夫?

  3. 歯周病菌は妊婦さんが大好き

  4. 赤ちゃんのためにも歯科健診を受けましょう!

  5. 妊婦さんももちろん治療を受けられます!

  6. 生まれてくる赤ちゃんのためにも予防しましょう!