インプラント治療の寿命は?

インプラントに寿命はありません。いいかえると、何年かに一度交換しなくてはいけなくなるというものではありません。
歯科におけるインプラントのように、整形外科の分野で人工関節というものがあります。この人工関節は、力が大きくかかり、摩耗等が起こるため、一般的に15年から20年で交換の必要があります。つまり、人工関節の寿命は15年から20年ということができます。
歯科におけるインプラントの場合、現在の形のインプラントの開発者であるスウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士によって1965年に入れられたインプラントは、2006年にその患者さんが亡くなるまで実に41年の間機能しました。

しかし、残念ながら入れられたインプラント全てが100%永久に口の中で機能し続けるということでもありません。顎の骨の質や、口腔清掃の状態、全身疾患や、歯ぎしり等で過大な力がかかる等、様々な理由でインプラントが失われるケースもあります。
このように、失われてしまったインプラントが調査され、寿命としてではなく、何年間でどのくらいのインプラントが問題なく機能しているかということが世界中で報告されています。
様々な報告がありますが、そのほとんどで10年間で90%以上のインプラントが問題なく機能するとされています。
10年間で90%以上というインプラントの成功率は、人工関節、人工臓器といった他の人工の器官と比較して驚異的に高い数字です。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. カウンセリングの利用のしかた

  2. 歯茎が腫れた!インプラント周囲粘膜炎

  3. インプラント治療が適さない人って?

  4. 過剰な力の影響は?歯ぎしり、噛みしめにご用心!

  5. 部分入れ歯からインプラントにするには?

  6. 即日治療ってなに?