メンテナンスでお会いしましょう!

インプラントは人工の歯だから、「もうこれで虫歯にも歯周病にもならない」と思っているかたもおられるかもしれません。たしかに、インプラントは虫歯にはなりません。でも歯周病にはなります。放っておくと、歯周病とそっくりの病気、「インプラント周囲炎」という病気になってしまうのです。

インプラント周囲炎とは、インプラントを支えるあごの骨に炎症が起きる病気です。天然歯のときと同様、インプラントの周りに歯石がついて、プラークがたまることによって起きます。そこで、インプラント治療が終わったら、今度は治療のためでなくメンテナンスのために、ぜひ歯科医院に定期的においでください。

メンテナンスでは、毎日の歯磨きやフロスでプラークがきちんと取れているかのチェックや、ご自分に合った歯磨きの仕方を教わることができます。インプラントにプラークや歯石がこびりつかないように、クリーニングも受けられます。

また、インプラントが入ると、つい強い力で噛んでしまうので、もしも噛み合わせが悪くなっていると、上部構造の欠けやネジのゆるみにつながりやすいのです。噛み合わせのチェックをすることで、そうしたリスクの軽減ができます。

インプラント治療は、入れたら終わりではありません。快適に使い続けるには、むしろ入れてからのお手入れが重要です。放っておいてインプラントの周りがプラークや歯石だらけになると、今度はインプラントの周りに炎症が起き、あごの骨との結合が失われて、せっかくの治療が機能しなくなってしまいます。

治療が終わったら、今度はメンテナンスでお会いしましょう。歯科医院とのお付き合いを予防中心に変えると、インプラントの快適な状態を長く維持できるだけでなく、残っている周りの歯の健康も、歯科のプロフェッショナルと一緒に守ることができます。

インプラント治療の終了を機会に、歯科医院との新しいお付き合いを始めましょう。


メンテナンスも自費診療です。

インプラント治療のメンテナンスは自費診療になります。これは、自費治療の場合、それに関する診療はその後も自費治療になるという保険制度上の規定があるからです。インプラント治療には、その後の定期的なメンテナンスが欠かせません。治療を選択する際には、メンテナンスの費用についても確認しておくとよいでしょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. セルフケアをレベルアップ!

  2. 必要最小限の本数で最大の効果を上げる

  3. ポピュラーになったインプラント

  4. 替えのきかない治療

  5. 安全な治療法を選ぶ基準は?

  6. 天然歯に近い、インプラントの優れた構造