インプラントは先ず理解をしてから考える

失った歯を補う手段のひとつである歯科インプラントは、あごの骨の中に「人工歯根」(フィクスチャーまたはインプラント体とも呼ばれる)を埋め込み、それを土台にして人工の歯を設置する治療法です。

インプラントの人工歯根には「チタン」という金属が使われています。通常、骨の中に金属を埋め込むと、生体は異物とみなして炎症などの拒絶反応を起こし、これを排除しようとします。しかし、チタンは異物としてみなされず、骨としっかり結合します。この原理を「オッセオインテグレーション(骨結合)」といいます。

今から半世紀以上前の1950年代後半、「現代デンタルインプラントの父」と呼ばれるスウェーデンの医師ブローネマルク博士が、この原理を発見しました。かつては、チタン以外にも様々な材料が試みられましたが、現在のインプラントはすべて、このオッセオインテグレーションの原理に基づいています。

つまり、チタン製の人工歯根が骨としっかり結合するからこそ、強い力に耐えられる十分な固定性・安定性が得られ、長い期間にわたり、自分の歯のように噛めるようになるのです。入れ歯が合わないために、満足に噛めずに困っている人にとって、画期的な治療法といえるでしょう。

ただ、適切なインプラント治療を受けるためには、いくつか注意すべき点があります。

まず、知ってほしいのは、インプラントが完成するまで、半年ほどの期間が必要なことです。インプラントが骨としっかり結合するまで、下あごで2~3ヵ月、上あごで4~6ヵ月程度かかります。歯科医院のなかには、雑誌の広告やホームページで「すぐ噛める」ことを宣伝しているところがあります。たしかに手術したその日に仮歯を入れる「即時荷重」という方法もありますが、噛みしめるなどして強い力がかかるとインプラントは骨と結合せず、失敗してしまうことがあります。ですので、しっかりしたものにしたいなら、急がず、焦らず、じっくり治療してください。

次に知ってほしいのが、インプラントを成功させるには、清潔な状態の保持や感染対策が不可欠なことです。スタッフが素手で触ったり、不潔な器具で扱ったりすると、インプラントが他人のタンパク質や細菌で汚染されてしまいます。こうなると、生体から異物とみなされ、インプラントは骨と結合しなくなります。

ですから、インプラント治療を受ける際には、その歯科医院が清潔保持や感染対策にしっかりと取り組んでいるかどうかを、よく見極めてほしいのです。

そして、患者さん本人も治療後、清潔な状態の保持と感染予防は重要です。インプラントを埋めた後、抜かざるを得なくなる主な原因のひとつに「インプラント周囲炎」があります。これは、歯周病と同じ原因菌がインプラントの周りに感染して、歯肉の痛みや腫れ、たまった膿が出るなどの症状を起こす病気で、知らぬ間に周囲の骨を溶かしてしまいます。病気が進んでしまうと、せっかく埋めたインプラントを抜かなければ治りません。

こうならないためにも、毎日欠かさず歯磨きや歯間ブラシで歯垢を取り除き、口の中を清潔に保たなければなりません。さらに、定期的に歯科医院に通って確認してもらい、専門的なクリーニングを受けることも大切です。もしこれらのことを怠って、インプラントに不具合が起きてしまったら、それは患者さん本人の責任といわざるを得ません。

納得したインプラント治療を受けるためには、その特徴や成功のポイント、長持ちさせるために必要なことなどを、しっかりと知ることも不可欠なのです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. インプラント治療後のメンテナンスってなに?

  2. 天然歯に近い、インプラントの優れた構造

  3. インプラント治療の安全性は高いってホント?

  4. カウンセリングの利用のしかた

  5. 部分入れ歯からインプラントにするには?

  6. インプラント治療が適さない人って?