インプラントも病気になる⁉

歯を失った方にとっては、治療の選択肢のひとつとして定着したインプラント。あごの骨に埋め込むフィクスチャー(人工の歯根)は時代が進むにつれて、より早く、より確実に、あごの骨と結合しやすくなり、確かな治療としてのその臨床の視野も広がっています。インプラント治療を受けた多くの方が、よく噛めるお口と見た目の若々しさを取り戻して快適に生活を送られていることでしょう。

しかし、気がかかりなこともあります。治療が終わったとき、あごの骨とフィクスチャーが同じようにしっかりと結合している患者さんでも、時間が経つにつれて、長く快適に使い続ける方もいれば、そうでない方もいるということです。インプラントを良好に維持できない原因についてはわかってきており、その原因のひとつは、無理な力によるインプラントの消耗。そしてもうひとつは、炎症の問題なのです。

インプラントは、本来とても丈夫な構造で、長期にわたって噛む力を受け止められるように設計されています。しかし、毎晩激しい歯ぎしりにさらされたり、アンバランスな噛み合わせで偏った力がかかり続けると、小さく精密な部品が消耗し、壊れてしまうことがあるのです。その多くは、上部構造(人工歯)の欠けや、ネジがゆるんだ、折れた、というような部品交換や補修で直せるケースがほとんどですが、まれにフィクスチャーが折れてインプラント自体がだめになってしまうことも、ないわけではありません。

もうひとつとても気がかりなのが、あごの骨に起きる炎症です。これは歯周病と同じような病気で、細菌感染によって起こります。インプラントの周りにプラークが溜まると、せっかくフィクスチャーと結合したあごの骨が、プラーク中の細菌によって炎症を起こし、溶けてしまうのです。

天然歯と同じように噛めるというインプラントの優れた機能は、あごの骨とフィスクチャーの結合によってもたらされるのですから、あごの骨が溶けてしまったら、歯周病で天然歯がぐらぐらして抜けてしまうように、インプラントもぐらぐらして抜けてしまいます。

インプラントは人工の歯だから、もう病気にならないというわけではありません。人工の歯であるインプラントも細菌が苦手なのです。インプラント治療は、治療が終わったあと、大事にケアするかしないかで、ずいぶんと耐久性に差が出てしまうのです。インプラントと長くつきあっていくためにも、必ず治療前後に歯科医師から説明があるインプラント治療後のケアについての取り組みを必ず守るようにしてください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. あごの骨が溶けた⁉インプラント周囲炎

  2. インプラント治療の寿命は?

  3. カウンセリングの利用のしかた

  4. 天然歯に近い、インプラントの優れた構造

  5. 必要最小限の本数で最大の効果を上げる

  6. 安全な治療法を選ぶ基準は?