部分入れ歯からインプラントにするには?

こんにちは。「かえる(change)」を漢字で書くとき迷いませんか?「かえる(change)」とは「変える」という「前と違った状態に変化させる」という意味と、「代える・換える・替える」といった「あるものを除き、他のものを当てる」という意味を持つ言葉がありますね。では歯科で表現するとどうでしょう。矯正治療は歯並びを「変える」ですね。詰め物が取れて、新しい詰め物に「替える」・・・・・・ ですね。では、部分入れ歯をインプラントに「かえる」ときはどうなんでしょうか?人工歯なら「換える」?・・・・・・ 治療法なら「変える」?・・・・・・ 日本語って使い方が難しいですよね。そんな今回は、部分入れ歯からインプラントに「かえる」ときのお話です。

今残っている歯に問題がないか

何らかの原因で歯を失い、部分入れ歯を使用しているけど、「うまく噛めない」「取り外すのが面倒くさい」「笑ったときにバネが見えるから気になってやれない」「話がしづらい」などの理由から、インプラントにしたいという方は少なくありません。部分入れ歯の支えとなった歯は、過度の負担によって歯周病の進行や歯が折れてしまうというリスクがあります。すべての場合に共通することですが、インプラント治療を始める前に、まずは今残っている歯に問題がないか確認してもらってください。

インプラントの成功の鍵

今まで入れ歯の装置(金属のバネなど)がかかっていた歯は入れ歯からの負担がかかり、虫歯や歯周病にかかりやすい環境におかれています。特にインプラントを入れる予定の部位の隣の歯が重度の歯周病でぐらぐらしているようであれば、事前に歯周病の治療や、歯周病の状態が芳しくない場合には抜歯をして、インプラントが歯周病になりにくい環境を整えてあげることも、インプラント成功の鍵となります。

CTや模型による検査・診査からの治療計画

入れ歯を安定させるための特殊な装置などがついた被せ物などがある場合は、つくり直す必要があることもあります。また噛み合わせに問題がある場合は、まず噛み合わせの位置を修正してから行う場合もあります。他の歯の治療にある程度目処がついたら、CTや模型による検査、診査を行い、治療計画を立てていきます。部分入れ歯を使用して時間がたっている場合や歯の欠損の原因によっては顎の骨がやせていることがあります。骨の量にもよりますが、非常に少ない場合には事前に、あるいはインプラント埋入手術と同時に骨移植が必要なことがあります。

入れ歯を支えていた土手の形が変わったとき

入れ歯は顎の土手の形に合うように作られていますので、骨の移植をしたり、インプラント埋入のために歯茎を切ったりすると、入れ歯を支えていた土手の形が変わってしまうのです。つまり手術のあと、入れ歯は使えなくなってしまいます。もちろん入れ歯の種類、形によっては、ある程度傷が治ってからは修理をして再び仮歯が入るまでの間使うことも可能です。しかし、歯茎を切って糸で縫い合わせるおおよそ1週間から10日ほど糸が残りますので、その間は土手の形が安定しませんので、少なくとも、その間は入れ歯を使用するのは難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

いかがでしたか。部分入れ歯からインプラントにかえることはできますが、それは事前に検査して問題がないか、治療中における状態など、すべてを理解した上で進めていかなければいけません。「もし、ご質問などがございましたら、インプラント相談を受け付けておりますので、お電話からでもネット予約からでもお申し込みください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 替えのきかない治療

  2. 過剰な力の影響は?歯ぎしり、噛みしめにご用心!

  3. インプラント治療の寿命は?

  4. 即日治療ってなに?

  5. あごの骨が溶けた⁉インプラント周囲炎

  6. インプラント治療の安全性は高いってホント?