インプラントがもてはやされているのはなぜ?

8020運動をご存知でしょうか?

厚生労働省や日本歯科医師会などにより推進されています「80歳まで20本の歯を残しましょう」という運動です。

その成果は、口腔衛生への関心を高め、残存歯数20本以上の残存歯を持つ人の割合が増加してきています。

しかし、まだ不十分な状態は続いていて、多くの人が多くの歯を失っています。

不幸にして歯を失ってしまった場合、失った部分に歯を入れるためには、ブリッジ・入れ歯・インプラントの3つの方法のうち、いずれかを選択しなければなりません。

日本は欧米に比べると、インプラントの普及が遅れていましたので、ブリッジや入れ歯を選択されることが多かったのではないかと思われます。

しかし、今ではインプラントの効果や安全性が認められるようになり、インプラントの技術を積極的に学び、治療に取り入れようとする歯科医師が増えてきて、その結果きちんとしたインプラント治療が広く行われるようになってきました。

また、インプラントについて正しい知識と技術を持った歯科医師が増えたことにより、正確な情報が一般の方々にも広まりつつあります。

インプラントは、

  • ブリッジのように、失った歯の両隣りの歯を削る必要がありません。
  • 入れ歯のように、動いてしまうことや、取り外しの必要もありません。
  • また、入れ歯と比べると、かむ力は大きくなり、咀嚼の際の効率も向上することがわかっています。

天然歯のような審美性やかみ心地の良さ、他の健康な歯に負担をかけないという大きな魅力もありますが、今後の人生における「生活の質」を向上させることが何より素晴らしいことです。

心身の健康、人間関係、やりがい、生活環境など、さまざまな観点から人間らしい生活、自分らしい生活を送るためにも、全身の健康の入り口であるお口の健康はぜひ守ってあげてください。

インプラントがもてはやされているのは、インプラントをされた患者様の喜びが、ご家族やご友人に伝わったことから始まったものです。

アールクリニックでもインプラントについて正しい知識と技術を患者様に提供し、インプラント治療の素晴らしさを歯を失った方々へお届けできることを願っております。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯が全部欠けているときのインプラント治療は?

  2. 歯が数本欠けているときのインプラント治療は?

  3. インプラントも病気になる⁉

  4. インプラント治療後のメンテナンスってなに?

  5. 歯茎が腫れた!インプラント周囲粘膜炎

  6. すぐにかめるインプラントがある?