入れ歯の清掃方法でよくある誤解

入れ歯のお手入れに入れ歯用洗浄剤を使うのは、入れ歯を清潔に保つうえでたいへん良いことです。ですが、「入れ歯を洗浄剤に浸ければ、お手入れは完璧」とは思わないでください。

ご自分の歯と同じように、入れ歯にもプラークや歯石は付きます。それぞれ「デンチャープラーク」や「歯石様沈着物」と呼ばれ、お口の中の細菌が姿を変えたものです。

入れ歯に使われている樹脂は、歯科医療用の特殊な樹脂なのですが、それでも、細菌が付着し続けると、樹脂の表面から構造内部に細菌が侵入し、入れ歯自体が菌の温床となってしまいます。そうなると、細菌のさらなる増殖や、入れ歯の樹脂や金属の劣化を招きます。また、入れ歯で増殖した細菌は唾液を介して、他の歯や歯茎へも移行すると言われています。

入れ歯に付着した細菌を取り除き、付着を予防するには、適切な入れ歯清掃を行う必要があります。入れ歯清掃は、「入れ歯用ブラシによる清掃」と「入れ歯洗浄剤による清掃」に大別されますが、どちらか一方を行えば良いというわけではなく、どちらも行うのがベストです。

ところが、テレビなどの宣伝広告の影響か、「入れ歯洗浄剤にポチャンとすれば何でも除去できる」という誤解をしている患者さんがいらっしゃるようです。しかし、入れ歯に食べかすが付着したまま洗浄剤に浸けても、薬効成分がそれらを浸透・通過して、入れ歯の表面構造まで到達することはありません。

まずは、入れ歯用ブラシで落としきれる食べかすを十分に落としてから(ブラシで磨く際は、流水下で行いましょう。)、洗浄剤を使用しましょう。そうすれば、洗浄剤の効果が十分に発揮されますし、細菌の付着や増殖を防いだり、お茶やタバコなどの着色汚れを落とすという、洗浄剤の薬効成分もはたらきやすくなります。

特殊な入れ歯を除き、入れ歯清掃の基本は、あくまでも「入れ歯用ブラシによる物理的な清掃」です。洗浄剤は、あくまで入れ歯用ブラシでは清掃しにくい部分(ブラシの届きにくい複雑で細かい部分など)や入れ歯用ブラシで除去できなかった磨き残し部分の清掃を補助するものとお考えください。

なお、入れ歯に使われている樹脂や金属の種類によっては、使用できる入れ歯洗浄剤が限られていることがあります。入れ歯の材料に合わない洗浄剤を使うと、金属が変色することもありますので、必要なら歯科医院で相談して、ご自分の入れ歯に合った洗浄剤を選びましょう。

また、デンチャープラークや歯石様沈着物、着色が入れ歯に頑固に付着すると、患者さんがご自分で落とすことは難しくなります。そうしたときも、歯科医院では専門的な器具や洗浄剤で入れ歯をきれいにしてくれます。入れ歯の不具合を防ぐためにも、歯科医院での定期的なメンテナンスをおすすめします。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. やっと新しい入れ歯ができたのに、また何度か調整に通わないといけないのは…

  2. 入れ歯と骨粗鬆症

  3. 総入れ歯に慣れる

  4. 部分入れ歯と総入れ歯の知識

  5. 付き合い方にはコツがある!

  6. 入れ歯につくプラークは自分の歯につくプラークと同じものなの?