入れ歯につくプラークは自分の歯につくプラークと同じものなの?

現代の歯科治療は、治療材料や器械などの進化に伴って、十数年前と比べると圧倒的に歯を抜く必要が少なくなっています。かつての「おじいちゃん、おばあちゃんは歯を全て失った総入れ歯」というイメージの時代は終わりました。

しかし一方では、部分入れ歯の装着者の割合は、50歳代で13%、60歳代で27%、70歳代で40%と年齢が上がるとともに増えていますし、歯周病の有病率も高齢化しています。

高齢になるほどお口の中で歯周病と部分入れ歯が混在しているわけなのですが、歯周病という疾患と部分入れ歯という道具は関係ないように思われますが、無関係ではないのです。じつは入れ歯にもたくさんの細菌が棲んでいて、全身に悪影響を及ぼしかねないのです。

歯周ポケット内のプラークは、嫌気性菌(生育に酸素を必要としない細菌)で構成され、空気のあるところでは繁殖できません。しかし入れ歯のプラークは、通性嫌気性菌(遊離の酸素の存在があってもなくても生育、増殖できる菌)やカンジダ菌(カビの一種)で構成され、むしろ空気のある環境のほうが繁殖しやすく、歯周ポケットにはいない菌が増殖するなど、入れ歯特有の細菌叢を示すのです。こうした菌によって、時間の経過とともに成熟して病原性が増し、様々な疾患を招く可能性があるというわけです。

入れ歯にプラークが溜まっていると、入れ歯が細菌の貯蔵庫となってしまいます。すると、入れ歯の床があたる粘膜に口内炎ができたり、入れ歯が隣接する歯や、クラスプ(バネ)がかかる歯に根面の虫歯が生じやすくなります。また、舌炎、口角炎や口腔咽頭カンジダ症(舌が腫れている、口の中がピリピリ痛い、白い膜が付いている)だけでなく、細菌が全身へ広がり、誤嚥性肺炎や消化器系感染を引き起こしかねません。

このような理由から、ご自分の歯と同じように、入れ歯のプラークコントロールも非常に重要です。部分入れ歯は、床、人工歯、金属のバー、クラスプなど非常に複雑な構造をしています。とくにレジン製の床は、肉眼では見えない細かい穴が開いているため、細菌の恰好の棲み処となるほか、床の周りには唾液による自浄作用が働きにくいので、余計にプラークが溜まりやすくなります。

入れ歯の床はプラスチックの食器、クラスプは金属のスプーンと似ています。食器は、ご飯を食べたらすぐに洗います。そのまま次の食事に使う人はいないですよね。入れ歯も同じで、「使ったら洗う」=「プラークを除去する」ものです。ブラシで磨かず夜寝るときに入れ歯洗浄剤に浸けるだけという患者さんもときに見受けられますが、これはNGです。できれば毎食後、外して洗ってください。その際は、義歯用ブラシで物理的にプラークを除去することも忘れないでください。

なお、入れ歯洗浄剤には入れ歯の材料との相性がありますので、歯科医院でご自分に合ったものを選んでもらいましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 部分入れ歯と総入れ歯の知識

  2. はじめての総入れ歯の痛み

  3. はじめての入れ歯はちゃんと使っていますか?

  4. 総入れ歯に慣れる

  5. 付き合い方にはコツがある!

  6. 何年かに一度は修理が必要です!