はじめての総入れ歯の痛み

細かいひとつひとつの手順を飛ばさずこなして製作される総入れ歯(総義歯)は、ミクロ単位の細密な作業になるため、どうしても製作過程で生体との誤差が生じ、入れたその日からまったく痛みがなく噛めるというケースは残念ながらほとんどありません。

また、部分入れ歯と違ってバネで歯に留めているわけではなく、あごの上に乗っているだけですので、噛むたびに動きやすく、粘膜に傷を作りやすいのです。

特にあごの骨が著しくやせている方だと、義歯のズレが普通よりも大きくなるだけでなく、クッションの役割をする粘膜も薄くなる傾向があるので、粘膜に一段とひどい痛みが出やすくなります。

その他、噛み合わせのズレが痛みの原因となることもあります。あごを閉じたときに一部の歯が先にあたっている場合でも、強く噛み込むとすべての歯が当たるように総義歯が動いてしまい、「粘膜にあたって痛い」となってしまいます。

しかし、あきらめることはありません。歯科医院で調整を繰り返すことで、痛みのない、ピッタリと合った総義歯が出来上がっていきます。買ったばかりの靴が足になじむまでに時間がかかるように、総義歯もすぐになじむわけではないのです。

さて、歯科医院では、まず入れ歯の裏面(粘膜にあたる面)から調整します。あっていない部分(不適合部)を診査材を使って調べ、不自然に強くあたっている部分を削って取り除きます。

骨の出っ張りがあるところは粘膜が薄くなっていて、入れ歯が動いたときにあたって傷ができやすいので、他の部分よりも多めに削って少しだけ隙間を設けます。噛んだときの総義歯の動きに対処するため、いわゆる「遊び」を作るのです。

それと同時に、噛み合わせの調整も行います。噛み合わせのズレが生じている部分を慎重に削っていき、均等に噛めるように調整します。

調整をして痛くなく噛めるようになると、噛む力が出てくるようになります。その結果、義歯が粘膜上で抑えこまれ、今までより深く沈み込み、別の部分が粘膜にあたってくることが多々あります。こうした場合も、調整を繰り返して、痛みがないように仕上げていきます。

総義歯は部分入れ歯と比べると、どうしても調整の回数が多くなります。「こんなに痛みが取れないなんて」と思われる方もいるかもしれませんが、最初の1~2週間は義歯を使うトレーニング期間と考え、ご自身での食生活の調整も合わせて、粘り強く頑張ってください。

入れ歯の不具合には、頬や唇を噛んでしまう、しゃべりにくい、味がしない、など様々なものがあります。このような不具合に対しては、調整だけでなく、総義歯自体に慣れていただくことも必要となります。

慣れるまでには、長い場合は1ヵ月以上かかることもあります。でも必ず噛めるようになりますので、一緒に頑張りましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 定期的なメンテナンスをおすすめします!

  2. 何年かに一度は修理が必要です!

  3. はじめての入れ歯はちゃんと使っていますか?

  4. 付き合い方にはコツがある!

  5. やっと新しい入れ歯ができたのに、また何度か調整に通わないといけないのは…