定期的なメンテナンスをおすすめします!

現在は、ひと昔前に比べてみると、ご高齢になっても自分の歯の多い方が増えてきました。80歳で20本の歯を残そうという「8020運動」の成果でしょう。たいへん喜ばしいことです。

このような変化に伴い、初めて部分入れ歯を入れる方の年齢層がひと昔より10歳ほど上がり、総入れ歯の方が減りました。その結果として、部分入れ歯をお使いの高齢者が増えてきているのも最近の特徴ではないかと思います。

部分入れ歯をお使いの方にとって大切なことは、部分入れ歯のお手入れ、そして残っている歯のケアとなります。バネをかける歯が歯周病でグラグラになってしまったり、根元に大きな虫歯ができて弱くなってしまっては、部分入れ歯がその役割をしっかり果たすことができなくなります。残っている歯の健康があってからこそ、部分入れ歯は安定してその役割を果たすことができるのです。

残っている歯をこの先守るために大切なのが「予防」になります。特に入れ歯のバネをかけている歯は、他の歯より負担がかかります。隣の歯を失ってしまったときと同じようなお手入れを続けてしまっては、この大事な歯にも同じことが起きてしまうかもしれません。

そこでおすすめするのが、歯科医院でのメンテナンスです。メンテナンスでは、歯の検診とクリーニングを受けることができます。また、入れ歯の不具合のチェックと補修を受けることで、入れ歯を長持ちさせ、快適にお使い続けることができます。

メンテナンスは、異常が起こってから歯科医院に通うのではなく、歯が痛くなく、入れ歯に不具合がない普段から通うという点に意味があります。知らない間に問題が大きくなってしまうのを防ぐことができたり、問題の進行を遅らせることによって、歯や入れ歯を長持ちさせていくための歯科独自のシステムなのです。

使い慣れた入れ歯を修理しながら長く使い続けるため、そして歯の健康を守っていくために、ぜひ歯科医院の定期的なメンテナンスを役立ててください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 付き合い方にはコツがある!

  2. 何年かに一度は修理が必要です!

  3. やっと新しい入れ歯ができたのに、また何度か調整に通わないといけないのは…

  4. はじめての入れ歯はちゃんと使っていますか?

  5. 大事なバネがゆがんでしまった!

  6. 総入れ歯に慣れる