何年かに一度は修理が必要です!

 何度かの調整を経て、お口になじんだ入れ歯。その入れ歯を快適に使っていたのに、時間が経つうちに合わなくなってきたという経験がある方は多いかと思います。これには、大きく分けて2つの原因が考えられます。
 ひとつは、「使っているうちに人工歯が削れて減る」「歯茎に接するプラスチック(床)にヒビが入る」「クラスプにゆるみが生じる」などの入れ歯の傷みによって起きる不具合です。
 入れ歯は、噛む力を受けながら毎日お口の中で働いています。なので、消耗しやすいのです。
 もうひとつは、患者さんのお口の変化が原因の不具合です。例えば、入れ歯を乗せるアゴの骨は、歯を失うことによって「歯を支える」という本来の役割を終え、自然とそのボリュームを減らしていきます。初めはそれほど気にならなくても、時間が経つうちにアゴの骨の変化が目立ってくると、ついにはガタつきを感じるようになってしまうことがあります。
 不具合の拡大を避けるために重要なのが、入れ歯の修理です。もともとお口になじんでいた入れ歯なので、できれば直して使い続けたいですよね。そのために重要なのは、ガタつきや痛みなどの問題が大きくならないうちに受診して、小さな修理をしてもらうことです。
 入れ歯が当たるのを我慢してそのまま使い続けていると、アゴの骨が減って入れ歯が安定しにくいお口になってしまうことがあるので、お早めの受診をお願いいたします。

お手入れが足りないと?

 着色汚れや、歯石のような汚れが付着してこびりつき、ブラシでこすっても取れません。無理に取ろうとすると、入れ歯を傷めてしまうこともあります。特に歯石は細菌の温床になってしまうので、歯科医院の専門的な入れ歯洗浄でピカピカにしてもらいましょう。

唾液が減っていませんか?

 唾液の分泌が減り、お口が乾くと、入れ歯が安定せず、歯茎がすれてキズができやすくなります。入れ歯が合わなくなったときは、唾液の分泌量についても歯科医院で調べてもらいましょう。
 水で入れ歯をぬらし、お口も水でうるおしたあと、口腔保湿剤をお口に含んで舌を拡げたり、入れ歯の歯茎に接する面に塗って、うるおいをアップさせましょう。

入れ歯安定剤の使用は歯科医院で相談を!

 入れ歯安定剤をお使いの方は、歯科医院に受診の際、そのむねをお伝えください。
 入れ歯安定剤ごとに使用法が異なり、患者さんによっては合わない場合もあります。選び方・使い方を歯科医院で相談しましょう。
 入れ歯安定剤を使って、合わない入れ歯を無理に使い続けると、アゴの骨が減って、入れ歯が安定しにくいお口になってしまうことがあります。必ず定期検診をお願いします。
 使用後は入れ歯から拭き取り、ブラシできれいに取り除きましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. はじめての入れ歯はちゃんと使っていますか?

  2. 定期的なメンテナンスをおすすめします!

  3. やっと新しい入れ歯ができたのに、また何度か調整に通わないといけないのは…

  4. 付き合い方にはコツがある!