やっと新しい入れ歯ができたのに、また何度か調整に通わないといけないのはなぜ?

 入れ歯が出来上がり、「もうこれでしばらく歯医者に通わなくてもすむ」と思っていたら、「調整のために何度か来院してくださいね」と言われてしまって、ガッカリなさった人もいるのではないでしょうか。
 じつは、どんな名人の先生が作った入れ歯でも、患者さんのお口の模型上で作ったものが、実際のお口にピタリと合うことは非常にまれです。実際に使っているうちに、微妙なズレが見つかるものなんです。
 例えば、入れ歯で噛むと、歯茎は圧迫されて沈み、痕がつきます。靴下を履いたときの足首に痕がつくように、少しへこむのです。すると、入れ歯の歯茎へのあたり具合が微妙に変化します。こうした、実際に使ったときに生じる微妙なズレが痛みにつながる場合があるので、使い始めてから1~2週間後には来院していただき、調整をさせていただく必要があります。
 また、1~2週間後の調整を終えて、しばらく使ってよくなじんできた頃に、さらに調整を重ねると、入れ歯との相性が一層よくなる場合があります。
 調整中の入れ歯は、お口の中に十分なじんでいません。新しい入れ歯でどれくらい噛めるか試してみようと、いきなり硬いステーキを食べたりすると、歯茎にキズをつけたり、うっかり舌や頬を噛んでしまい、その痛みでせっかくの最終調整を中断せざるを得なくなることもあります。調整中は軟らかいお食事にして、あせらずゆっくりと慣れていきましょう。

1~2週間後に調整のための受診を!

 入れ歯は、患者さんのお口の模型上で製作されているので、実際に使ってみるとキツく感じたり痛みが出ることがあります。使い始めて1~2週間後に必ず調整を受けましょう。

隙間や歯茎にあたっているところは?

 特殊なクリームを塗った入れ歯を着け、隙間がないか、歯茎に強くあたっている場所がないかを調べて調整します。

噛み合わせを検査します

 咬合紙を噛んでいただき、上下の歯がきちんと噛み合っているかどうかを調べ、調整して噛み合わせの改善をします。

入れ歯がキツいと感じやすいわけ

 日中~夜は、活動しているうちに歯茎の膨張が解消し、入れ歯のキツさを感じにくくあります。
 朝は、夜寝ているうちに歯茎が膨張するので、朝起きてすぐは入れ歯をキツく感じます。

  • 実際に使っていない入れ歯を調整することはとても難しいので、調整にご来院の際は、少なくとも数日前からは新しい入れ歯を使ってください。
  • 調整中は試運転期間です。軟らかいものを食べて過ごしてください。
  • 痛いところや不具合のある場合は、調整の予約日まで待たず、歯科医院に遠慮なくご連絡ください。
  • 一度調整を受けて、よくなじんだ頃にもう一度精密な調整を受けると、入れ歯の相性がさらによくなるのでおすすめです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 何年かに一度は修理が必要です!

  2. はじめての入れ歯はちゃんと使っていますか?

  3. 付き合い方にはコツがある!