はじめての入れ歯はちゃんと使っていますか?

入れ歯をはじめてつくった方で、「なかなかうまく入れられない」「違和感になかなか慣れない」などという理由から使われない方がいらっしゃるのではないでしょうか?

入れ歯は確かに使い慣れるまでには、多少の努力が必要です。部分入れ歯の場合、金属のクラスプというバネを残った歯にかけて使いますので、まずその着脱に慣れなければなりません。

また、出来上がった入れ歯は、患者さんに実際に使っていただきながら、何度か歯科医院に通ってもらい、細かな調整を行っていく必要があります。出来上がりがゴールではなく、患者さんのお口の模型の上でつくった入れ歯を実際の患者さんのお口の動きに合うように、微調整して仕上げていく必要があるのです。

もうひとつ、入れ歯を使う際に慣れていただきたいのが、お手入れの方法です。入れ歯は人工歯ですから虫歯にも歯周病にもなりませんが、自分の歯と同じように汚れます。ベタベタのプラーク(歯垢)がつくので、清潔を保つためには毎日のお手入れが必要なのです。

なので、「入れ歯ってなんて面倒なんだろう」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、入れ歯は失った歯を補う治療法としては、歯を削る量が少なくてすみ、外科治療も必要がない、もっとも侵襲の少ない治療法です。入れ歯を使うことによって、いろんな良い効果があるのはもちろん、将来介護が必要になったときもケアが簡単だというメリットもあります。

噛めるようになる

自分の歯に比べれば、部分入れ歯でも噛める力は3分の1程度といわれています。それでも、入れ歯に慣れて噛めるお口を回復させ、よく噛んで食べられるようになることは、身体の健康や食を楽しみながら生活するために、とても重要なことなのです。

しゃべりやすくなる

歯を失うと、空気が漏れて発音しづらくなります。特にサ行やタ行に影響しやすく、滑舌も悪くなってしまうことがあります。入れ歯を使うと、最初は発音しづらく感じますが、多くの場合、使い慣れることによって明瞭さを回復することができます。

見た目がよくなる

入れ歯は、失った歯の代わりになるだけでなく、歯の周りの顎の部分も補ってくれます。歯を失いやせてしまった顎を補い、頬をふっくらと回復させるので、歯を失ったためにお口の周りにできるシワを減らす効果も期待できます。

噛み合わせが悪くなるのを防ぐ

歯を失うと、周囲の歯はその空いたスペースに向かって自然と動きます。そのため隣の歯が倒れたり、本来なら噛み合うはずの歯が出っ張ってきてぶつかり、上下の歯が噛み合わなくなってしまうことがあります。入れ歯によってこうした事態を予防できます。

残っている歯を守る

歯の本数が減ると、噛む力が残った歯に集中してかかり、その歯に加わる負担が大きくなります。ことに奥歯を失うと、前歯に力が集中し、下から突き上げられるため出っ歯になってしまいます。入れ歯を使うと、残っている大切な歯にかかる負担を軽減できます。

あなたのその入れ歯は、あなたのお口に合わせて精密につくられたオーダーメイドです。おいしく食べて、元気に過ごすための相棒として、ぜひ使っていきましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 何年かに一度は修理が必要です!

  2. 付き合い方にはコツがある!

  3. 定期的なメンテナンスをおすすめします!

  4. やっと新しい入れ歯ができたのに、また何度か調整に通わないといけないのは…

  5. はじめての総入れ歯の痛み