保険診療と自由診療の補綴物の違いとは?

まずは、下のスライドショーをご覧ください。

ご存知のように、歯科治療には「保険診療」と「自由診療」があります。

補綴治療も保険が適用できるものと自由診療になるものがあります。

保険診療は患者様の金銭的な負担は少ないのですが、満足のいく治療をするのは難しいというのが現実です。

その理由のひとつは、材質です。

保険診療では使える補綴物の範囲が限られます。

ほとんど選択の余地がありません。

自由診療で使える補綴物と比べて、耐久性や審美性、機能性など、様々な面で劣っていると言わざるを得ません。

保険診療でも白い詰め物や被せ物はできます。

例えば、前歯の被せ物「硬質レジン前装冠」は外側はレジンという硬いプラスチック、中身は金属でできていますが、プラスチックは変色しやすく、2~3年程度で大きく色が変わってしまいます。さらに、時間が経つと、中の金属が溶け出して、歯や歯茎が黒く着色したり、金属アレルギーを引き起こす危険性もあります。

自由診療なら、金属を使わないオールセラミックス(材質がすべてセラミックの補綴物)の被せ物を使うことができて、このような心配はありません。

また、保険診療では、奥歯に補綴治療を行う場合、通常は銀歯が使われます。

奥歯は目立たないので、銀歯でも構わないという方もいらっしゃいますが、お口を開けたときに銀歯が光るのは、正直よい印象を与えるとは言い難く、さらには金属アレルギーの危険性もあります。

ceramic-and-silver

アールクリニックでは、オールセラミックスの補綴物を積極的に治療に取り入れています。

また、アールクリニックでは自由診療の補綴物は耐久性・審美性・機能性に優れたものを選択でき、未来価値のある補綴治療をご提供できます。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 原因不明の湿疹やかゆみなどのアレルギー症状はありませんか?

  2. 体内に入った金属をデトックスしましょう

  3. お口から、あなたは健康になれます。

  4. 結婚相手より慎重に選びたい歯の詰め物