6. 歯周病治療のご紹介

当院では、さまざまな歯周病治療を用意しています。患者さんの状態やご希望に適した治療をおすすめしております。

6-1. プラークコントロールと歯磨き指導

プラークコントロールとは歯ブラシやデンタルフロスなどを使ってプラーク(歯垢)を付けないようにコントロールすることです。プラークコントロールを完璧に行うことができれば治療の90%は終了です。なぜなら歯周病の原因であるプラークは毎日お口の中に発生し、それを毎日取り続けなくては歯周病は改善しないのです。いくら高価な治療や痛い治療をしても毎日のプラークコントロールができなければ全て無になってしまいます。そのためには、自分自身でしっかりとお口の管理をするという、しっかりとした心構えが大切です。毎日行っている歯磨きの方法が間違っていることが原因で、歯周病の症状を悪化させていることがあります。日々のブラッシングは欠かせないので、正しい歯磨き指導を受けましょう。当院では、担当の歯科衛生士が責任を持って、丁寧に分かりやすく指導します。

6-2. スケーリングで歯石除去

スケーリングとは歯の周りについたプラークや歯石を取り除くことです。歯石はプラークと唾液によって作られ、ザラザラとし軽石のように小さな穴が空ていて、細菌が繁殖しています。歯石の中の細菌は歯磨きなどでは取れないので、歯石ごと細菌を取る必要があります。スケーリングをすると歯石によってザラザラしていた歯の表面がツルツルとなり、プラークが付きにくかったり、落とし易い環境になります。

6-3. 歯茎の中の歯石を取るSRP

SRPとはスケーリング&ルートプレーニングの略称で、歯周ポケットの中、いわゆる歯茎の中にできたプラークや歯石を取ることです。歯周ポケットの中の汚れは歯ブラシなどでは除去することが難しいため、特別な道具を使って汚れを除去する必要があります。SRPを厳密に分けると以下の二つに分かれます。「スケーリング」は歯にこびりついたプラークや歯石を取り除くこと。「ルートプレーニング」は細菌で感染した歯の根の表面(セメント質)を取り除き、磨いて表面をツルツルにして細菌の付きにくい環境にすること。SRPをすることによって歯周ポケットを清潔にすることができ、歯の根の表面をツルツルにすることができるので、歯周病の改善や、それからの口腔内の改善に繋がります。しかしこのSRPは、歯周ポケットの中に器具を入れて取り除くため、痛みを伴なうことがあります。SRPには高い技術が必要であり、当院の衛生士も日々練習し、技術を磨いています。

6-4. 歯周外科手術(フラップ手術)

歯周基本治療(プラークコントロール、スケーリング、ルートプレーニング)をしても歯石が取りきれず、歯肉の炎症が残っている場合や、歯周ポケットが改善しない場合には歯周外科手術を実施します。この手術の代表がフラップ手術です。病気の部分がよく見えるように歯肉を切って開き(フラップ)、歯の根の間や深いところに入り込んでいる歯石をハンドスケーラーで取り除き、その後歯肉を縫合します。悪くなっているところを直接目で見ることができるので、徹底的に汚れを取ることができるわけです。

6-5. 歯周組織再生療法

歯周ポケットの奥のプラークや歯石が除去されれば、炎症は治まります。しかし、それまでに歯のまわりの組織が大きく失われていると、歯を支える骨などが失われているせいで、その後の歯の維持が難しくなります。このとき、歯を支える組織の再生を目的にフラップ手術とあわせて行われるのが歯周組織再生療法です。特殊な再生材料などを組織の失われた部分に入れて再生を促す治療法で、再生には時間がかかり、組織の欠損の状態によって向き不向きはありますが、うまくいけば歯の寿命を延ばせる可能性があるのです。再生療法の手法としては、エムドゲイン®ゲル(歯の根に塗布して使用するジェル状の歯周組織再生材料です。ジェルに含まれるエナメルマトリックスタンパクの刺激により、歯を支える組織の細胞の再生が促進されます。)、GTR法(薄い膜を被せて、歯根膜とセメント質、あごの骨が再生するあいだ、再生した歯茎がそのスペースに入り込まないようにします。)、リグロス®(遺伝子組換えヒトbFGFを用いた歯周組織再生医薬品です。ジェル状で欠損部を埋めるように充填します。血管を新しくつくる力が高く再生促進作用に優れる、保険適用の薬剤です。)などがあります。

7. 歯周病の進行を止めるメンテナンス

メンテナンスとは歯周病の治療が終了した後に、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。メンテナンスではご自身で行っているプラークコントロールへのアドバイスや落とし切れていない歯周ポケット内を機械的に洗浄します。メンテナンスを行わないとせっかく行った歯石除去や、痛い思いをして行った外科処置も、すぐに元に戻ってしまいます。毎日のプラークコントロールと定期的なメンテナンスを行わなければ、歯周病を改善することは出来ません。

歯周病は生活習慣病の一種とも呼ばれる病気です。自分の歯や全身の健康を守るためには、歯科医院での治療に加え、患者さんご自身による予防も大切です。歯周病は知らない間に進行しますので、気づいたときにはかなり悪化していることが多いのです。ですから、歯周病の疑いがあるとわかったら、早めに当院へお越しください。