5. 6歳臼歯を守ろう

5、6歳になると乳歯の一番奥歯よりさらに奥に、「6歳臼歯」と呼ばれる永久歯が生えてきます。6歳臼歯は生えはじめからすっかり生えるまでにとても長い時間がかかります。しかも、真っすぐ生えてくるのではなく、最初は舌の方向に向かって生えてくるため、その後自力で舌の筋肉を使い、頬側へ立ち上げていかなくてはいけません。6歳臼歯は噛む力が最も強く、歯を食いしばるうえで一番重要な歯ともいえます。

ですが、生えてきたばかりの歯はまだ軟らかく、虫歯菌に侵されやすい状態。さらに6歳臼歯は見えにくい位置に生えるので、その存在自体に気づかないことが多く、ブラッシングでもなかなかいき届きません。噛み合わせの面の溝が細く入り組んでいて、汚れが入りこみやすく取れにくいという特徴もあります。大切な6歳臼歯を守るためにお子さんのお口の中を小まめにチェックし、仕上げ磨きを続けてあげましょう。汚れが入りこまないよう溝をあらかじめふさぐ、「シーラント」という予防処置がおすすめです。

シーラントとは?

歯の再石灰化を促すフッ素が配合されているプラスチックを深い溝に埋めることで、汚れが入りこむことを防ぎ、ブラッシングしやすい状態をつくりだします。ケアの難しい時期をシーラントの助けを借りて乗り切りましょう。
★歯は削りません。
★外れる場合もあります。
★絶対虫歯にならないわけではありません。
シーラントは時間が経つとすり減っていくため、定期的に処置を受けましょう。

6. 定期検診を受けましょう

定期検診はお子さんの口腔内環境をより良い状態に導くとともに、親御さんが抱いている様々な疑問や不安にお答えできる機会です。虫歯や歯並びなどの異常を早期に発見することで、影響を最小限にとどめることができます。当院ではお子さんの成長にあわせ、年齢にあった情報をご提供しております。お子さんの大切な歯を守るために、定期検診を受ける習慣をつけましょう。

詳しくはこちら

7. 歯並びが気になりはじめたら

あごが細く小さい子が増えてきています。遺伝的な要因に加え、あごの成長が充分でないことが原因とみられています。あごが小さいと永久歯が生え揃うためのスペースが足りず、歯並びや噛み合わせが悪化します。子どもの矯正治療の必要性は今後高まっていくでしょう。矯正治療はあごや歯の発達段階ではじめるのがベストです。ただし、最適な治療開始時期はそれぞれ異なります。子どもの成長を見守りながら、適切な時期に治療を開始し、効率的に進めましょう。

口腔育成について

小さいお子さんをお持ちのお母さんで、お子さんの将来の歯並びが気になっている方は多いのではないでしょうか。虫歯予防なら、定期的にフッ素塗布を受けたり、砂糖の多い飲食物を控えたり、毎日フッ素を使って歯磨きをきちんとするなど、様々な方法が一般的に知られています。でも、どうしたらよい歯並びになるかはあまり知られてはいません。

「口腔育成」とは、お子さんのお口を乳歯の頃から専門的な目で診させていただき、将来歯並びが悪くなる兆候がある場合、早期に発見して、問題が固定される前に改善するという、お口の正しい育ちを促す、いわば歯並びの予防のことです。乳歯の歯並びを整えるためではなく、あごの骨がまだ柔らかく、これから成長する力を利用して、あごの骨のずれを改善したり、あごを広げたりして将来の永久歯がきれいに生えそろうスペースをつくります。筋機能装置の活用やお口周りの筋力トレーニングをしっかり行うことで、子どもの歯並びを悪くした原因である「口呼吸」「舌の悪い癖」「飲み食いの悪い癖」「姿勢」を改善し、あごを正常に発育・成長せることで正しいきれいな歯並びに導く取り組みを行っています。

保護者の方に満足いくまで説明してから治療をはじめます。また、お子さんにも練習や説明をしながら治療を進めていきます。当院は大切なお子さんの健やかなお口の発育を第一に考えています。お子さんの歯科治療や予防はぜひ当院へお越しください。