歯並びが気になる

歯並びがどうしても気になって、口もとを見られたくない…. 人前ではとうてい笑えない…. という悩みを抱えている方は少なくありません。歯並びの悪さは見た目が悪くなるという、ご自身にとっては大変大きな問題だと思います。しかし、歯並びの悪さによって影響する問題は、見た目だけではないのです。歯並びが悪い場所はブラッシングしにくく虫歯になりやすい、細菌が残りやすいので歯周病になるリスクが高い。噛み合わせが安定しないので、加齢による顎関節症になりやすい。歯並びの悪さから全身のバランスが崩れ、頭痛・肩こり・腰痛などを引き起こす。こういった様々なハンデを感じて生きていかなければなりません。たかが歯並びと軽く視てはいけないのです。

1. 矯正治療を必要とする悪い歯並び

歯並びや噛み合わせが悪い状態のことを不正咬合といいます。あなたの歯並び、またはお子さんの歯並びは次のどれに当てはまるか探してみてください。

1-1. 叢生

乱杭歯(らんぐいば)ともいい、歯が規則正しくないガタガタな生え方をした歯並び。八重歯(やえば)もこの歯並びの一種です。

1-2. 上顎前突

よく言われる「出っ歯」のことです。上の前歯や上顎そのものが、前に突き出た歯並びです。前歯が強調された見た目になります。

1-3. 下顎前突

下の歯や下顎そのものが、前に突きでた歯並び。本来は上の前歯が下の前歯より前にあります。一般的に「受け口」と呼ばれています。

1-4. 開咬

奥歯はしっかり噛んでいるのに、上下の前歯が噛まずに隙間があり、口がいつも開いた状態になっていることをいいます。

1-5. 過蓋咬合

噛み合わせたときに、上の前歯が下の前歯に深く被さり、正面から見ると下の歯が隠れてしまいます。

1-6. 正中離開

真中の2本の歯が離れて、隙間があいているものをいいます。一般的に「すきっ歯」と呼ばれています。

2. 子どもは生え替わりがチャンス!

子どもの頃からの矯正治療(小児矯正)は、顎が発達途中で習慣付けがしやすい時期だからこそ、歯並びを悪くした根本原因から治していくことができます。当院では、筋機能装置の活用やお口周りの筋力トレーニングをしっかり行うことで、子どもの歯並びを悪くした原因である「口呼吸」「舌の悪い癖」「飲み食いの悪い癖」「姿勢」を改善し、あごを正常に発育・成長せることで正しいきれいな歯並びに導く取り組みを行っています。

3. 大人からでも遅くありません!

矯正治療は子どもの頃にするものと思っている方も多くいらっしゃると思いますが、矯正治療には特に年齢制限はありません。お口の中の状態によってはできない場合もありますが、大人になってからでは遅いということはありません。「今さらやって意味ありますか?」と問いかけるには早すぎます。今や日本の平均寿命は男女共に80歳を超えています。長い人生の中、遅すぎるとご自身で決めつけるのはもったいないです。当院は大人になってから矯正治療を始める方を全力で応援いたします。

4. 矯正装置の種類

歯科・矯正歯科アールクリニックでは、幅広い年齢層の患者様の矯正治療に対応しております。歯並びを治すための矯正装置には様々な種類があり、ご自身のライフスタイルに合わせて選べます。矯正装置を選択される際の参考にぜひご覧ください。

4-1. 表側矯正(クリア)

矯正治療は、歯の表側に矯正装置を装着することが一般的に用いられます。 皆さんが想像する表側矯正治療といえば、金属製のギラギラした装置を思い浮かべると思いますが、最近では審美性を追求した目立たない装置が出てきました。当院ではなるべく目立ちにくい透明ブラケットを採用しています。矯正装置が見えることに特別な抵抗が無い方には第一の選択肢となります。※透明ブラケットは、上の歯5-5、下の歯3-3が対象範囲となります。その他の歯はメタルブラケットになりますが、正面から見えにくいように配慮した位置への採用となっております。

4-2. 裏側矯正(オールリンガル)

裏側矯正(舌側矯正)とは、歯の表側に器具を付けるのではなく、歯の裏側に器具を付け、矯正を行っていく治療法のことです。矯正器具を歯の裏側に付ければ、人に気付かれることがなく、矯正治療を行うことができます。「歯並びは気になるけど、見える矯正装置を付けるのはイヤ!」そんな抵抗感から矯正ができない方や、職業柄、目立つ装置が付けられないという方には最適な治療法です。大人(社会人)になってからでも矯正治療を始める一歩を踏み出すことができるきっかけにもなり、男女共に支持率が高いです。

4-3. 裏側矯正(ハーフリンガル)

「裏側矯正は費用がかかる」という悩みは多いです。オーダーメイドで矯正装置を作成し、狭いお口の裏側で操作をするために手間がかかり、その分、表側矯正と比べると費用が高くなってしまいます。そこで、ハーフリンガル矯正をオススメしております。ハーフリンガルとは、目立ちやすい上の歯並びだけ裏側に矯正装置をつける治療方法です。もちろん下の歯並びには目立ちにくい表側矯正装置を装着します。下の歯並びは上に隠れている傾向が多いため、これだけでかなり目立ちません。さらに上下裏側矯正と比較しても手間がかからないため結果的に治療費も抑えることができます。

4-4. マウスピース矯正

マウスピース型の装置を定期的に交換して徐々に歯を動かしていきます。透明で目立たないため装着していることがわからず、見た目にストレスを感じさせません。取り外しができるので、いつも通りに食事やブラッシングができます。ただし、抜歯が必要なほどの歯の重なりが大きな場合や骨格自体のズレの矯正を必要とするケースに対しては、マウスピース矯正単独での治療が困難な場合がございます。