4. 歯を残すための根管治療

歯はお口の中だけでなく、全身のバランスを左右する大切な存在です。1本でも失ってしまうと、健康に悪影響をおよぼしかねません。大切な歯を残すためにも虫歯が進行してしまった場合は根管治療を受けましょう。根管治療は、細菌に侵された神経や血管を歯の根の管(根管)から抜き取り、きれいに消毒したうえで薬剤をつめてフタをします。根管治療には高度な技術が必要とされますが、当院では、経験豊富な院長が治療にあたりますので、安心して治療を受けていただけます。

Step1. かき出す

大きな虫歯ができ、神経が細菌に感染して膿んでいます。このまま炎症が広がると抜歯しなければなりません。膿んだ神経をかき出し、歯のなかで繁殖した細菌を減らしていきます。歯を傷めないように細心の注意を払います。

Step2. 殺菌する

神経をかき出した管のなかを薬液できれいに洗います。消毒薬を詰め、新たな細菌が入らないように仮の封をします。2~3回の通院で念入りに殺菌します。

Step3. 封をする

十分に殺菌ができたところで、空洞になった管の封鎖のため詰め物をします。ゴム状の詰め物を歯根の先端までしっかりと詰めていきます。

Step4. 土台構築

根管治療が必要なほど虫歯が進行した歯は、歯冠部(歯茎より上の部分)がほぼ失われているため、そのままでは食べものを噛むことができません。コア(土台)を埋入し、被せ物を装着します。

根管治療は神経の除去や清掃、消毒、薬剤の充填といった、多くの手順を必要とする複雑な治療です。抜歯を避けて歯根を残すための治療ですので、中断してしまうと次には抜歯となる可能性が非常に高くなります。あとで後悔しないよう時間をかけて進めていきましょう。

5. 詰め物・被せ物について

虫歯になってしまった歯の治療は、原則的に歯質を削らなければいけません。虫歯菌が感染した歯質は、自然治癒することはなく、放っておくとどんどん溶かされていってしまうからです。削った分だけ歯質を失うことになりますが、これは仕方がないことといえます。失った歯質は、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)によって補います。ただし使用する材料によって、歯の機能まで失うことはありませんが、審美性については低下してしまうことがあります。

5-1. 保険診療の詰め物・被せ物

保険診療でも虫歯治療における詰め物や被せ物は実施することができます。しかし、保険診療で使用できる材料は、範囲が細かく決められているのです。例えば、審美性に影響を与えるような前歯の治療では、保険診療でも白い被せ物をつくることができます。ただし、使用できる材料はレジンと呼ばれる硬いプラスチックの素材です。このレジンという素材は、とても安価で形も整えやすいため、取り扱いが容易なプラスチックなのですが、変色や摩耗など変化が起こりやすい性質があります。

また、保険診療における奥歯の治療では、金属(銀歯)を使用するケースがほとんどであるため、「白い歯列の中では目立つ」「経年によりイオン化して溶け出し、歯茎が黒ずむ」「金属アレルギーの症状が現れる可能性もある」という特徴もあることから、患者さんの中には自費診療を希望される方も珍しくはありません。

5-2. 自費診療の詰め物・被せ物

自費診療であれば、色々な材料を使って詰め物や被せ物をつくることができます。代表的な材料としては、セラミックやジルコニアがあげられます。これらの材料は、歯質の色と非常に近い白色を再現できるため、一見すると詰め物や被せ物を装着しているようには見えません。このような「歯の色の再現性が高い」特徴以外にも、「硬くて摩耗しにくい」「着色や変色が起こりにくい」「金属アレルギーの心配もない」などといった特徴もあります。これは変化が起こりにくい材料でもあり、同時に虫歯になりにくい材料ともいえます。

詰め物や被せ物の下には、健康な歯質が残っているのですが、詰めている物や被せている物が変化してしまうと、二次う蝕と呼ばれる虫歯の再発も起こりやすくなります。このように、自費診療の詰め物や被せ物というのは、見た目だけでなく、丈夫であったり、虫歯になりにくかったりしますので、非常に有用であるといえます。

詳しくはこちら

小さなお子さんをはじめ、お年寄りの方でも「歯医者が苦手」という方はたくさんいます。その原因のひとつは、治療にともなう痛みです。当院では患者さんに安心してご来院いただけるよう、患者さんの感じる痛みや不快感を最小限に抑えることを大切にしています。痛みが苦手な方は、早めに当院へお越しください。