歯が痛い・しみる

「冷たいものを食べるとしみる」「甘いものを食べると痛む」その痛みは、虫歯のサインかもしれません。「歯医者は痛みがガマンできなくなってから行くところ」と思っている方がいるかもしれませんが、それは誤解です。虫歯は早期発見が何より重要であり、早めに治療を開始することで、体の負担や時間、お金の浪費も少なくすむのです。

1. 虫歯の原因

「甘いものを食べると虫歯になる」といわれますが、実は糖分が直接虫歯を作り出しているわけではありません。口腔内に潜むミュータンス菌などの虫歯菌が、糖分を栄養として吸収する際に酸を排出し、その酸によって歯が表面から溶けることで虫歯が発生するのです。ミュータンス菌の栄養となり、菌を増やす要因となる糖分は、食べものや飲みものを口にすることでお口の中に入ってきます。

口腔内のケアが不十分でしっかりと糖分を取り除けないと、菌が繁殖し、活発化してしまいます。虫歯から歯を守るためには、毎日のブラッシングや歯科医院でのメンテナンスなど、しっかりとしたケアが必要です。

2. 虫歯ができてしまったら

虫歯は細菌による感染症ですが、風邪のように自然に治ることはありません。一度虫歯にかかった歯は、症状が進行していくだけです。初期の虫歯には痛みがないため、自覚症状がなく、なかなか自分では気づきません。しかし、発見が遅れることで治療が困難になり、最悪の場合は歯の神経を除去したり、抜歯したりする処置が必要になることもあるのです。

進行した虫歯の治療には、時間もお金もかかります。自分の歯で食べものを噛みしめる幸せを実感し続けるためにも、できてしまった虫歯は少しでも早く治療しましょう。自覚症状がない早期の段階で発見するために、当院では定期検診をお勧めしております。

3. 虫歯の進行段階と治療法

虫歯の始まり方は、大きく二つのタイプに分けられます。一つはミュータンス菌がおもに砂糖をエサにして酸をつくり、歯を溶かしていくものです。このタイプの虫歯は、子どもから大人まで広く見られ、歯の表面のエナメル質から象牙質、歯髄へと進行していく場合がほとんどです。もう一つは高齢者に多い歯の根面にできる虫歯で、根面う蝕といいます。根面う蝕は、いきなり象牙質から始まります。年をとると歯茎がやせて下がり、歯の表面の象牙質があらわになります。象牙質はエナメル質よりもやわらかく、弱い酸で溶け出します。そのため虫歯になりやすくて進行も早く、すぐに神経にまで達しやすいのが特徴です。では、一般的な進行段階とその治療法について説明します。

C0:脱灰

歯の表面にあるエナメル質が溶けはじめた状態です。表面が白く濁って見え、透明感が失われます。痛みなどの自覚症状はまだありません。適切な歯磨きやフッ素塗布により、再石灰化を促すことで改善が期待できます。

C1:エナメル質の虫歯

エナメル質がさらに溶け、歯の表面に黒ずみが現れた状態です。この段階でも、痛みなどの自覚症状はありません。虫歯になってしまった部分を削り、歯科用プラスチックなどで詰めて補います。

C2:象牙質の虫歯

エナメル質の内側の象牙質にまで進行した状態です。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛みを感じるようになります。虫歯に侵された部分の歯を削り、その穴に詰めものをします。痛みがあるため、治療には麻酔を使う場合もあります。

C3:神経に達した虫歯

象牙質のさらに奥の歯の神経にまでおよんだ虫歯です。何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。虫歯に侵された歯の神経を取り除く「根管治療」を行い、その上に被せ物をして歯を補います。

C4:歯根に達した虫歯

虫歯が歯の根まで進行し、大部分の歯(歯冠)が溶かされた状態です。神経が死んでしまうと痛みはなくなりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛み出します。多くの場合、抜歯が必要です。抜歯したあとは入れ歯やブリッジ、インプラントなどの中から治療法を選択し、失った歯の機能を補います。