こどもの検診

歯科医療を通じて
健康な大人に育成する手助けを

当院では、お子さんたちに対する歯科医療を口腔育成と位置づけております。口腔育成とは、ただ単に「虫歯を予防する」「虫歯を治療する」「歯並びをきれいにする」などということではなく、歯科医療を通じて「健康的な考え方や行動をともなった大人」へ育成していくことと考えております。当院の考え方を、お子さん、保護者の方のお口の健康づくりに役立てていただけたら幸いです。お子さんの人生はこれからです。かわいいお子さんを上手に導いてあげられるのは、保護者の方、皆さんであると思います。

当院を初めてご利用される
お子さんの保護者の方へ

当院では、初めてご来院いただく患者さんに問診票の記入をお願いしています。
お子さんのお口のなかの状態や健康状態、保護者の方のご希望などを確認させていただいたうえで、お子さんの成長に合わせた最良の診療をご提供できるよう、詳細な内容となっておりますが、ご協力をお願いいたします。

笑って帰っていただける
医院を目指しています。

成長期のお子さんは、お口の健康維持だけでなく、歯科に対する不安感をなくすとともに衛生意識の確立をお手伝いすることが重要と考えています。小児期に不快な経験をされたお子さんは、それ以後、歯科を嫌なものと感じるのは当然のことです。そのようなことがないように、心のケアも対応させていただき、笑って通院できる歯科診療に取り組んでいます。お子さんが自立されたときに自発的に定期検診を受診する習慣づくりや衛生意識の向上のお手伝いを出来ることがスタッフ一同の願いです。

噛み合わせや歯並びも重視した
診療を行っています。

ただ単に乳歯から永久歯への生え変わりを管理するにとどまらず、適正な成長発育を考えていくのであれば、噛み合わせに対する専門的な管理が必要となります。噛み合わせが、将来のお子さんのお口の健康に大きく影響します。歯並びは、奥歯の噛み合わせ、骨格的問題の影響を大きく受けています。歯並びの治療を行うには、その原因である噛み合わせを治していかなければなりません。当院でのお口の管理では、虫歯を含むお口の中の予防的管理に加えて、噛み合わせや歯並びの矯正的管理も総合的に行っています。

検診シミュレーション

お子さんの検診の流れをご覧ください。

当院の子どもの定期検診は、虫歯だけではなく、噛み合わせや歯並びもチェックしていきます。あごの成長は子どものときだけです。タイミングを逃すと正しい位置に歯を並べることが難しくなります。口腔育成に必要なことや矯正が必要な場合にそのタイミングも適切な時期にお伝えすることができます。虫歯がなく、美しく機能的なお口の大人に育成することをお手伝いするのが小児歯科だと考えております。当院の定期検診をご利用していただければ幸いです。

よくあるご質問

  • Q&A その1
  • Q&A その2
  • Q&A その3

フッ素はいつから塗るの?

フッ素は、歯が生えはじめたころから塗るとよいでしょう。生えたての歯は、まだとても弱い状態です。その状態でフッ素を塗ることは、歯質強化にもつながります。その他に酸の生産を抑制するはたらきもあるので、この時期の歯にはとても大事だといえます。

何歳までフッ素は塗ったほうがよいの?

いちばん最後に生えてくる大人の歯(第二大臼歯)は12歳前後で生えてきます。その時期まではフッ素を塗ったほうがよいでしょう。

子どもの虫歯対策はどうしたらいいの?

定期検診にお越しください。毎日の歯磨きが上手にできていないようであれば、歯磨き指導も行います。