こんな口臭は病気が心配?

 ここでご紹介する口臭の原因は、内蔵の病気です。自分の口臭に違和感を感じたら、専門医に相談して、次の病気の疑いがないかどうか、まずは診てもらいましょう。

胃腸病が体内でニオイ物質を作り出す

 口臭の原因のなかで、歯周病に並んで多い原因のひとつが胃腸病です。
 胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などにかかると、消化不良を起こしやすくなります。その結果、食べたものが胃のなかに停滞し、異常発酵するのです。そこで発生したニオイ物質が腸管から吸収され、血流に乗って肺から排泄、「卵の腐ったようなニオイ」の口臭となって出てくるのです。
 また、腸の働きが低下したり、腸内に疾患がある場合は、腸内の細菌バランスが崩れ、悪玉菌が増加してニオイ物質を発生させます。
 胃腸の病気を起こす最大の原因はストレスといわれています。その他、睡眠不足や暴飲暴食、偏食、美食(動物性脂肪とタンパク質の過剰摂取)、便秘なども胃腸病の原因にあげられます。

肝機能が衰えるとニオイ物質を分解できない

 肝臓も、口臭発生に関係してくる臓器です。肝臓の働きが正常の場合は、ニオイ物質は分解され、病的な口臭は発生しません。ところが、慢性肝炎などで肝臓の働きが落ちてくると、分解しきれないニオイ物質が血液に乗って全身をめぐり、口臭や体臭となってあらわれます。
 肝臓に問題がある場合の口臭は「ネズミ臭」といわれ、口のなかが苦くなる特徴があります。さらに重症になると、「カビ臭」や「腐卵臭とニンニクの混ざったニオイ」がするといわれています。

甘酸っぱいニオイと口の乾きは糖尿病の恐れあり

 糖尿病になると、唾液が不足し、口の乾きを覚えるようになります。唾液は口のなかをいろいろな菌から守る役割をしています。唾液が不足すると、歯周病の原因となる菌などが増殖し、口臭が強くなります。糖尿病の人は歯周病になりやすいといわれていますが、それには口が乾き、唾液が不足しがちという背景があるでしょう。
 さらに、糖尿病になるとインシュリンが不足して糖の分解が進まなくなるので、その代わりに体脂肪を燃焼してエネルギーを作り出そうとします。その際、ケトン体という強いニオイ物質が発生し、血流に乗って全身へと送られるため甘酸っぱい口臭や体臭を生み出します。糖尿病の人から甘酸っぱいニオイがするのはこのためです。
 その他、腎臓の病気があるときはアンモニア臭がするといいます。

空気の通り道に炎症があると口臭の原因に

 気管支炎や肺炎などの呼吸器系の病気や、蓄膿症やアレルギー性鼻炎、扁桃腺炎など、鼻やのどに病気を起こしている場合もきつい口臭がします。これは、肺や気管支、鼻やのどなど、炎症を起こしている部分の皮膚組織がただれたり、化膿を起こし菌が増殖、その結果、生臭いような肉の腐ったような独特のニオイを放つようになるのです。それが吐く息とともに出てきて、口臭となります。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 本人では気づきにくい口臭はどこからやってくる?

  2. 口臭予防の基本とは?

  3. じつは女性のほうが口臭が多い?

  4. 口臭を予防してお口もからだも元気に!

  5. もとから断つには、まず歯周病を治す

  6. 口臭と全身との関わり