口臭の多くは口の中に原因が!

ニオイの元は歯垢や歯石

口臭の原因は、やはり口の中にあるのがほとんどです。ニオイの元となるのは、歯に付着した歯垢(プラーク)です。歯の表面に付着する白くて柔らかい沈着物を歯垢といいますが、これらは口の中の食べかすを餌にして増殖した細菌の塊なのです。
歯磨きもせずに歯垢を放置しておくと、唾液に含まれるカルシウムを吸着して石灰化します。これが歯石で、約2日間で歯垢は簡単に歯石に変わってしまいます。こうなるとブラッシングをしてもなかなか落ちてくれません。
歯垢や歯石は、虫歯・歯周病の原因であるうえ、口臭を発生させます。
どんなに注意深くブラッシングをしても、年齢とともに歯垢や歯石は付きやすくなります。時々歯垢染め出し剤などを使って、歯磨きの不十分なところやブラシの届きにくい部分をチェックするといいでしょう。また、歯周病予防のためにも、歯科医院で定期的に歯垢や歯石をきれいに取ってもらいましょう。

虫歯の口臭は硫黄のようなニオイ

食後に歯を磨かないままにしていると、口内の細菌が食べかすを栄養にして酸を発生させます。この酸が歯を溶かして虫歯になるのです。虫歯の穴には歯垢や食べかすが詰まり、歯磨きだけでは取れなくなります。
虫歯は硫黄のような特有のニオイを発生します。特に進行した虫歯や歯肉の炎症が進んだ歯は、かなりきつい口臭をともなうようになります。虫歯があったら早めに受診し、治療を受けて治しておきましょう。

歯に被せた物やブリッジが口臭の温床になることも

歯に被せた物やブリッジが古くなり、穴が開いたり隙間ができたりすると、食べかすが詰まって虫歯や歯周病を引き起こすことがあります。神経を抜いた歯は傷みを感知しないため、虫歯になっても気づきにくいものです。知らぬ間に詰め物の中で歯が腐食し、歯肉にも炎症が起き、歯周病になっていることもあり、このような場合はかなりの口臭をともないます。

義歯も長期使用でニオイ発生

義歯も日々の手入れを怠ると、ニオイ発生の原因になります。特にプラスチックなど樹脂製の義歯は、長期間使用すると変形・変色したり、唾液やその他の成分が内部に浸透して異臭が発生したりする場合もあります。ニオイが気になるときは、再製するかセラミック製のものに交換することをおすすめします。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 食生活の改善で口臭ケア

  2. 口臭と全身との関わり

  3. 私ってニオッてるの?

  4. じつは女性のほうが口臭が多い?

  5. 舌苔の掃除や口腔ケアで口臭予防を!

  6. もとから断つには、まず歯周病を治す