こんな生活習慣が口臭に結びつく

私たちの口のなかは、唾液の殺菌力によって、雑菌の増殖が抑えられ、口臭が起こらないような仕組みになっています。唾液中のリゾチームという酵素が、細菌の細胞壁を溶かし、破壊してくれるのです。生き残った雑菌も唾液と一緒に飲み込まれ、ほとんどが胃酸によって死滅してしまいます。

逆に、唾液の分泌が低下すると、口のなかの自浄作用が弱まって、雑菌が増え、口臭の発生に結びついてしまうのです。

朝起きたばかりのときは、誰でも口が臭うものです。これは、寝ている間に唾液の分泌量が減って、殺菌力が低下し、口のなかの雑菌が増えるためです。そのほか、口やのどの渇きを感じたとき、空腹時、ストレスがかかって緊張したときなどにも分泌量が減るので、口臭が発生しやすくなります。

また、食生活の乱れはとくに口臭をひどくします。朝食を抜くことが多かったり、規則正しい食事ができなかったりすると、唾液の分泌が促進されず、口のなかの雑菌はなかなか減ってくれません。

対策としては、体内環境を弱アルカリ性に保つことがポイントになります。偏食が多く、バランスの悪い食生活を送っていたり、アルコールやタバコの摂取量が多いと、間違いなく口臭に大きな影響が出ます。また、口内や体内が酸性に傾くと、口臭が強くなるばかりか、様々な内臓疾患の原因にもなります。口臭の有無や強弱は、立派な健康のパロメーターなのです。

最後に口臭チェックリストであてはまる項目があるかチェックしましょう。ひとつでもあてはまる項目があれば要注意ですよ。

  • 朝食を抜くことが多い。(食事をとらないと唾液の分泌が悪くなります。)
  • よく噛まないで食べる。(食べカスが口に残りやすく、消化も悪い。よく噛んで唾液の分泌を促しましょう。)
  • 硬いものより柔らかいものが好き。(奥歯には唾液を分泌するスイッチの役目があります。奥歯やあごをよく使って食べるようにしましょう。)
  • 緑茶や紅茶よりコーヒーが好き。(口内のpH値が酸性になり、細菌が繁殖しやすい状態に。空腹時に飲むと、とくに口臭が強くなるので注意しましょう。)
  • 水分をあまりとらない。(口のなかが乾きやすくなります。こまめに補給し、口のなかをうるおすように心がけましょう。)
  • 気がつくといつも口が開いている。(口呼吸になりやすく、口のなかが乾きやすい状態に。)
  • あまりおしゃべりをしない。(おしゃべりをして口を動かすことで、唾液の分泌が盛んになります。)
  • 一日中エアコンを使っている。(自律神経の機能が低下し、唾液の分泌が悪くなります。)
  • 夜ふかしすることが多い。(自律神経の働きが乱れて、唾液の分泌が抑えられてしまいます。こまめに水分を補うようにしましょう。)
  • ストレスをため込んでいる。(自律神経のバランスが崩れ、唾液の分泌が低下しやすくなります。)
  • 夏バテしやすい。(胃の働きとともに口内の自浄作用が低下し、舌苔が増え、口臭が強くなります。)

「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 口臭を予防してお口もからだも元気に!

  2. こんな口臭は病気が心配?

  3. 私ってニオッてるの?

  4. 口臭予防の基本とは?

  5. もとから断つには、まず歯周病を治す

  6. 口臭の多くは口の中に原因が!